第五走者
まこ「京太郎、ちょっち来てくれんか?」

京太郎「今度は染谷先輩っすか」

まこ「はっは、連続してお勤めすまんのう。しかし、こりゃお前さんにしか頼めん
やくじゃけぇ」

京太郎「まぁ、染谷先輩の頼みなら・・・」

◆◆◆◆◆

京太郎「ふぃー、一着ゲットですね」

まこ「まぁ、わしがすぐに目当てに辿りついたっちゅうのも大きいんじゃろが、
やっぱりお前さんのおかげじゃの」 

京太郎「へへっ。その言葉だけでがんばったかいがありますよ」

まこ「ほうか・・・なぁ、京太郎。わしがなんでおんしを選んだか、わかるか?」

京太郎「へ?そりゃお題だから・・・ちなみにお題の内容は?」

まこ「んー、恥ずかしいがまぁええじゃろ。わしのお題は『大事な後輩』じゃ」

京太郎「・・・俺、大事にされるような後輩やれてますかね?」

504 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2013/10/14(月) 22:42:53.23 ID:Xq+17pSN0 [3/7]
まこ「ん。充分やれとる。部活の雑務を文句のひとつも言わず請け負ってくれたり、
咲や優希の面倒をみてくれとる。さらには、あの面倒くさい久にも笑って付き合ってくれとる。
充分、大事な後輩じゃ。自信もて、京太郎」

京太郎「先輩・・・」

まこ「・・・なんじゃ、こっぱずかしいのぉ。こういうのも」

まこ「ま、たまにはええか。そうじゃ、頑張った京太郎に褒美のひとつでもくれてやらんとの」

京太郎「え、いや、俺そういうのは別に」

まこ「ええから、とっととしゃがみんさい」

京太郎「アッハイ」



ちゅっ。

京太郎「へ」

まこ「なんじゃそん顔は」

京太郎「なんじゃというか・・・え?」

まこ「ま、勝者へはいつの時代もお姫様からのキスが常套じゃろ。ま、わしじゃ役不足やもしれんが」

京太郎「・・・や、そんなことはないですけど」

まこ「・・・ほうか。ほんじゃわしは行くとするか」

京太郎「ちょ染谷せ「まこじゃ」へ?」

まこ「こっからわしんことはまこと呼びんさい」



まこ「なぁ、京太郎」ニカッ



京太郎「あぁ・・・なんだ」

京太郎「かなわないっすよ。まこ先輩」


カンッ!