「それでは!借り物競争を始めます。」

第一走
咲「京ちゃん。ちょっと一緒にきて。」

京太郎「ん、俺?」

咲「京ちゃんじゃないとダメなの。」

京太郎「ちなみに何て書いてあるんだ?」タッタッタ

咲「大事な人。」タッタッタ

京太郎「は?」

咲「京ちゃんには中学の時からお世話になってるし、それに、京ちゃんが居なかったら麻雀部に入部しないでお姉ちゃんとも仲良くできなかったかもしれないから。
だから、京ちゃんは私にとって、すっごい大事な人なんだよ。」

第二走
優希「京太郎!ついてくるじぇ!」

京太郎「なんて書いてあるんだ?」タッタッタ

優希「飼いたい動物。あの……最近の京太郎のタコスは美味しいから。その、是非とも毎日作って欲しいなぁって……。京太郎?」

嫁田「おおぅ。京太郎が逆走してる。」

第三走
久「須賀くん。ちょっと来てくれる?」

京太郎「何て書い(ry」

久「感謝してる人よ。須賀くんが入部してくれたおかげで廃部にならずに済んだわ。それに、須賀くんが咲を連れてきてくれたから、私の夢だった団体戦にも出場することができた。男の子は須賀くん一人だけなのに付いてきてくれた。そのことにも感謝してる。
本当に須賀くんには感謝してるわ。」


第四走
和「須賀くん。あの、一緒に来てくれますか?」



京太郎「なぁ、和。何て書いてあったんだ?」

和「き、気になりますか?」

京太郎「ん~~。あんま気にならないかなぁ。」

和「じゃ、じゃぁ。教えません。」


カンッ