京太郎「うー、ごちそうさま」

洋榎「うちもー」

絹恵「ごちー」

雅枝「お粗末さま。やっぱ男の子はよう食うなー」

京太郎「はは、食い意地はっててすいません」ペッコリン

雅枝「ええ、ええ。こっちも作りがいあるわ」

洋榎「うちもいっぱい食べとるでー」

雅枝「あんたはもうちょい加減せい」ぺしんっ!

洋榎「あたっ!きーぬー」

絹恵「よしよし。京ちゃんって結構うち来とるよなー」

京太郎「そうですね。雅枝さんにはお世話になりっぱなしで」

雅枝「ま、洋榎らが遠征中とかもこっちきとるしな」

絹恵「えーなー」

洋榎「オカンに変なことしとらんやろなぁ」ニヤニヤ

京太郎「しませんよんなこと」

◆◆◆◆◆
雅枝「なんや京太郎、そんなおっきくして・・・
うちと一緒に風呂入ってて興奮しとるんか?」さわさわ

京太郎「ま、雅枝さん。おれ・・・」

雅枝「・・・ええよ。あんたの大きなったの、ちゃんと
きもちよーさせたる」しこしこ

京太郎「あ、雅枝さんの、手、いい」

雅枝「せやろ。知っとんねんで?あんたがウチや絹の胸みて
大きくさせとったん」

京太郎「ん、んぁ、・・・」

雅枝「もう、でそうやな。ええよ、びゅっびゅしぃ」

京太郎「うっ、あぁあああ!!」


雅枝「ふふ、いっぱい出たな。とろっとろや。でも、おっきいまんま。
      • 続き、するか?」

k京太郎「・・・はい」


◆◆◆◆◆
京太郎「普通、のことですね」
カンッ