京太郎「すいません遅れま……って誰もいない?」

明華「おやぁ? 京太郎くんじゃないですか、どうしましたか?」

京太郎「あっ、明華さん。あのもしかして今日って部活休みなんですか?」

明華「ええ、連絡が行っていたと思うのですが?」

京太郎「来てないですね……それより休みなら明華さんはなんで部室に?」

明華「少々静かなところで本を読みたかったので」

京太郎「そうですか、部活がないなら俺はこれで……」

明華「あっ、待って下さい。よければお話していきませんか?」

京太郎「でも本読んでたんじゃないんですか?」

明華「すこし目が疲れてきたので、お茶くらいは用意しますから、ね?」

京太郎「じゃあ少しだけお話しましょうかね」

明華「ふふっ、それじゃあすぐに用意しますね……」



明華「お待たせしました、コーヒーでよかったですか?」

京太郎「ええ、それじゃあいただきます……熱っ!」

明華「ふふっ、慌てずゆっくり飲んでください」ニコニコ


京太郎「へーっ、フランスではそんなことが」

明華「ええ、よければ今度の里帰りに一緒に来ますか?」

京太郎「いやぁお金が……ふぁあぁっ……」

明華「おや? 大きなあくびですね」

京太郎「すいません…なんかさっきからすごい眠くて……」

明華「ふふっ…ならひざまくらでもしてあげましょうか?」

京太郎「お願いしていいですか?」

明華「ええ、どうぞ?」ポンポン

京太郎「それじゃあ失礼します……」

京太郎(うおぉおっ! 明華さんのおもちが目の前に!)

明華「じゃあぐっすり眠れるように子守唄でも歌ってあげましょう…」

京太郎(いえいえ、このおもちを1秒でも長く…でも……眠い…なんでこんなに……)

明華「~~♪~~~♪♪」

京太郎(駄目だ…目を開けてられない……)

明華「~♪~~♪♪~♪~~♪」

京太郎(意識も……とお…く……)


京太郎「スヤー……」

明華「ようやく寝ましたか…薬が足りなかったかとひやひやしましたよ?」

京太郎「グ-グー」

明華「ふふっ…かわいい寝顔ですね……みんなはこの顔なんて知らないんでしょうね……」

京太郎「スヤァ…」

明華(そう、京太郎くんに休みの連絡をしなかったのは私です)

明華(京太郎くんを誰もいない部室に連れ込み睡眠薬で眠らせる……)

明華「あとは既成事実を作れば私の勝利です!」ヌギヌギ…

明華「強引な手段にでてごめんなさいね? みんなに勝つためですから…お詫びに気持ちよくしてあげます」

京太郎「スースー……」

明華「他人のベルト外すのって難しいですね……」ガチャガチャ…

京太郎「ンッ……」ボロッ

明華「あらら…かわいい顔してここは立派なんですね……」ツンツン

京太郎「ムニャムニャ…」

明華「それじゃあいただきます♪」

カン!