哩「ああっ……京太郎ば寝顔もかわいかっ♪」

京太郎「スースー…」

<ブシツデヒザマクラトカ…リアジュウバクハツシロ…

哩「あっ、まだ写真撮っちなかったな」パシャッ!

煌「あの、姫子は少し先生に呼ばれてまして…今日の部活は遅れるかもしれません」

哩「そーか、ならまちっと独り占めしていられるな…」ナデナデ

煌「3人とも仲がよろしいようですばらです!」

<アレッテナカガイイデアッテルノ?

煌「ではお二人の邪魔をするのもあれなので失礼します」トテトテ…

京太郎「スピー…」

哩(こうして京太郎ば膝に乗しぇとるだけで…夜ば思い出して濡れてくっと……)ジュワ…

哩「あぁ…きょうたろぉ……」

京太郎「ムニャムニャ…」

哩(はよ京太郎に調教して欲しか…夜の待ち遠しい…)

姫子「ぶちょおおぉぉぉぉっっ!!」ガラッ!


哩「呼び出しゃれよったんじゃなかと?」

姫子「そげなもんリザベで異変感じて抜け出してきたばい!」

京太郎「ンヌゥ…」

哩「そいより京太郎の寝とうから静かにすっと」

姫子「うぅぅ…部長京太郎ば独り占めしてこすいとよ!」

哩「姫子は昨日ん夜に愛してもろうたやろ! 京太郎にあげなに叩いてもろうて!」

姫子「部長ばってんこん前おしりでしてもろうたじゃないですか!」

煌「ちょちょちょっとお二人とも! 声が大きいですよ!」

<ウワァ…ソンナコトヤッテルトカヒクワ…

<3ニントモヘンタイカヨ…

哩「あわわ……」

姫子「えらいことに…」

京太郎「グースカピースカ…」

煌「本人はこんな状況でも寝てるのは不幸中の幸いなのでしょうか…」

哩「あとで京太郎に怒られる……」ゾクゾク

姫子「でもそれもよかぁ……」ゾクゾク

煌「もうこの2人は駄目なのでしょうか…」

京太郎「スヤー…」

カン!