久「…あら?」ガチャッ

京太郎「クー……スピー……」

久「寝てるのかしら?」

京太郎「フミャゥ……グゴー……」

久「疲れてるのかしらね……最近は色々と仕事押し付けちゃったし」

京太郎「フキュ……」

久「ふふっ……こうして寝てると須賀くんってかわいい顔してるわよね」ツンツン

京太郎「アウ……」ゴソッ

久「おっと! 起こしたら悪いわよね。しかし肌もきれいで……今度女装させてみようかしら?」

京太郎「ムニャァ……」

久「ふぁぁっ……私もちょっと眠いのよね。受験勉強で寝るのが遅いから……」

京太郎「ハゥ……」ゴロッ

久「あら? わざわざ私のためにスペース空けてくれたの?」

京太郎「グゴー……」

久「…うん、寝るだけだから、ちょっと隣で横になるだけだからいいわよね?」

京太郎「ウウン……」


久「でも制服だと皺になっちゃうわよね……何か着替えか何か……あら?」

久「これって……須賀くんのYシャツ……」

久「……よし!」パサッ

京太郎「スピー……」

久「流石にちょっと大きいわね…//」

久(それより須賀くんのYシャツ1枚って……裸Yシャツってやつじゃない…//)

久「きっ、着替えがないんだから仕方ないわよね! うん、仕方ないっ!!」

久「じゃあ……失礼してっ…//」モゾモゾ

京太郎「ンッ……」

久「須賀くんがこんなに近く……須賀くんの匂いがする……なんだか落ち着くなぁ」クンクン…

久「須賀くん……」ギュッ…

久(思ったより疲れてるのかな……もうね…む……)



京太郎「ふぁぁ……よく寝たなぁ……って!!」

久「クー…クー……」

京太郎「部長が俺に抱きついて寝てるだと……しかも俺のYシャツ着てんじゃねぇか」

久「スガ…クン……」


京太郎「こんなにぐっすり寝て…疲れてるんだろうな……」

京太郎「議会長に部長の仕事だけじゃなく受験勉強とか忙しいもんな……」ナデナデ

久「んっ…//」

京太郎「もう少し寝かせといてあげるか……愛しの部長のためだしな」

久「すーすー…//」

京太郎(それにさっきから部長の小さくはないおもちが当たってるし……なんか見えちゃいけないところも見えてるし……)

京太郎「いい夢見てくださいね、久さん……」

久「……」

京太郎「じゃあ俺ももう一眠りするか……スピー……」

久「……」

久「……須賀くん?」

京太郎「グゴー……」

久「もう……あんなに恥ずかしいこと言ってくれちゃって…久さんって名前で…//」

久「須賀くんもいい夢みなさいよ……」チュッ!

京太郎「ンンッ……」

久「私ももう一眠りしましょっ…//」カァァ…

カン!