ベクター=京太郎

咲=遊馬


咲「良かった、京ちゃんこんな所に…」

京太郎「フッフフフ…クッククククク……なぁーんちゃってwwwイッヒヒヒヒハハハハハ、おかしくって腹痛いわ~wwww」

咲「え……一体どう言うこと…京ちゃん突然何を言って……」

京太郎「面白いやつだなお前、ほんとに俺のことをまだ信じて…ウッヒヒヒヒヒヒヒw」

咲「嘘、だよね…京ちゃんが……京ちゃんが私たち姉妹の中を裂いたエトペンだなんて…」

京太郎「まだ気付かない…なら見せてやろうかぁ!?もっと面白いものをよぉ!!ビイィィィヤァァァァ!!カピバラフォーーゼェ!ビイィィィヤァ咲ィィィィ~~!!」

咲「え…そんな……嘘だよ!本物の京ちゃんを返して!!」

エトペン「本物ぉ?誰それえ。俺、エトペン。鈍いなぁ俺が京太郎だよォ!」

咲「……嘘、嘘、嘘、嘘!嘘!!嘘だ!!!」

エトペン「まぁだ分からないのかよぉw この前デュエルしたのも、さっきまでデュエルしてたのも!俺が生み出した分身だよ!!
本物の俺は、お前の幼馴染、須賀京太郎に化けてたってわけだぁ。」

エトペン「ジャンジャジャ~~ン!!今明かされる衝撃の真実ゥ。いやぁ本当に苦労したぜ、間抜けな転校生演じてつまらねえ協力までしてさあ。
しかし、お前は単純だよなァ、俺の口から出たでまかせを、全部信じちまうんだからなァ!ウッヒヒヒヒヒヒww」


咲「……京ちゃんを、返せ」ギリ

エトペン「まだいってんのかよwwwお姉ちゃんと仲直りするぅ~~?優勝したら二人で麻雀しよぅ~~?wwwウッヒャハハハハハハハ!!
     楽しかったぜェwwwお前との友情ごっこォ~~!!助けに来てくれて、ごくろうさん!お姫様!(キリッ ウッヒャハハヒヒハハハwww」

咲「でも、でも…まだ私には!」

エトペン「ヒッハハハハハハハ!じゃあ言ってやる!お前の役には俺と練習して編み出した国士無双の友情の証、五枚の字牌が入ってんだろぉ?」

回想- この役、咲なら使いこなせると思うんだ(キリッ

エトペン「フッ…言えないよなァ、固い友情で結ばれた大切な幼馴染、き ょ う ち ゃ ん の頼みだもんなぁ!!ウッヒヒヒヒヒヒャハハハハハwww」

エトペン「ありがとうよ、俺との約束を守って、みんなに特訓のことを黙ってwいwてwwくwwれwwてよォwwwホホウッwwヒハハハハハwwウハハハハハフッハハハハハハwww」

咲「でも…なら、私はァ!カンッ!!」


エトペン「お前って奴は、気持ちいいくらい思い通りに動いてくれるなァァ!!
     キヒャッハハハハハハハハwwwヘヘw最高だぜさいっっこぉぉぉwwwwハハハハハフッハハハハハハwwww」

咲「……え?」

エトペン「フッ…その嶺上取る必要なし。カンした瞬間にロンと言ったはずだが聞こえなかったか。搶槓だ。その槓成立せず!

咲「そんな、私の…点数がぁ……」

エトペン「さぁ~て、咲、残り点数300というザマで、ど う す る つ も りだァ~~ン?せいぜいあがいてみせろや!!
     どのみち全員ここから生きては戻れねェんだから。それもこれも咲、お前が招いた結果なんだよォ!!関係ねえ奴らまで巻き込んでなぁ。」

エトペン「お前にしてみりゃ、よかれと思ってェ~wやったんだろうけどなァ!wwwアッハハハハハハハハハハハ、ビャッハハハハハハハwwwwww
ウワッハハウワッハハハハハハハハフーハハハハハハハwwwwwwww」