京太郎「ちわー」

咲「あっ、京ちゃん掃除当番の割には早かったね?」

京太郎「早めに終わらせてきた。これの準備したかったからな」

咲「なにそれ、カセットコンロ?」

京太郎「どこかのタコス娘が全国戻ってからも俺にタコスを作らせたいらしくてな……家庭科室を一々借りるのもあれだから家にあったの持ってきたんだよ」

咲「そ、そうなんだ……」

京太郎「ボンベをセットして……よし準備完了!ハギヨシさん仕込みのタコス、パッパッと作るとしますかね!」シュル

咲「……」

咲(京ちゃん、エプロン似合うようになったなあ……昔は料理なんてからきしだったのに)

京太郎「ふんふーん……」

咲(なんか二人きりで京ちゃんが料理してる後ろ姿見てると……ふ、夫婦みたいだよね)

咲「よ、嫁さん違うけど……」

京太郎「んー、なんか言ったか咲?」

咲「な、なんでもないよ……あっ」グー

京太郎「……なるほど」

咲「い、今のは違うよ!?別にお腹空いてる訳じゃ……あうっ」グー

京太郎「ははっ、わかってるわかってる。すぐにできるからちょっと待ってろよ」

咲「そ、そんなにニヤニヤしないでよ!京ちゃんのバカー!」

京太郎「はいはい、お腹を空かせたお姫様はご機嫌ななめなんですよねー」

咲「もうー!」


――

京太郎「ほい、出来上がりっと!須賀京太郎印のタコス、清澄支店第一号だ!ほら、咲食べてくれよ」

咲「だ、だから私は……」

京太郎「本当にいらないのかー?」

咲「ううっ……」チラッ

京太郎「ほれほれ、出来たてのタコスだぞー」

咲「……」ゴクリ

京太郎「……しょうがない。咲がいらないなら俺が自分で……」

咲「うー……えいっ!」バッ

京太郎「うわっ」

咲「い、いただきます!」

京太郎「あっ、熱いから気をつけ――」

咲「あ、あふうっ!?」

京太郎「遅かったか……」

咲「むうー……」

京太郎「そんなに慌てなくてもタコスは逃げないって。また欲しかったら作ってやるから落ち着いて食べろよ」

咲「……」コクコク

京太郎「さてと、じゃあ俺は優希の分作ってるから」

咲「はーい」

京太郎「ふんふーん……」

咲「……」モグモグ

咲(京ちゃんのタコス、美味しい……♪)

カン!