私はいつも、京ちゃんに世話を焼かせてばかりだった。

本に夢中になって、宿題するのを忘れてしまった時。

修学旅行で、皆とはぐれて迷子になってしまった時。

グループワークで、周りと打ち解けられずにいた時。

そのいずれも、京ちゃんがいたから何とか克服出来たんだ。

私は決して物事に積極的だとは言えない。

今でこそこうして麻雀に打ち込んでいるが、それだって彼が与えてくれた結果に過ぎない。

…だからこそ、何をやらせてもダメという文句にはカチンと来たのだけれど。

勿論、私が一方的に恩を着せられてばかりと言う訳ではない。

私だって彼に勉強を教えたりしたし、彼のお願い事には出来る限り応えた。

麻雀部の入部にしたってそうだ。

京ちゃんの頼みでなければ、私はあそこを訪れはしなかっただろう。

和ちゃん達と一緒に麻雀を打ちたいとも。

全国に行ってお姉ちゃん達に会おうとは、考えもしなかっただろう。

彼の事が私の中で大きな比重を占めているのは、出会った当時の状況もあるだろう。

私にとって好ましくない理由だって、きっとあるだろう。

―――彼は私を哀れんでいるフシがある。

それは無意識かもしれないし、ひょっとしたらそうではないかもしれないけれど。

まあ、今となってはきっかけなんてどうでもいいことだ。

京ちゃんとの出会いが、今現在の充実した状況をもたらしてくれたのだから。



再び麻雀を始めて、嬉しかったことはいくつかある。

けど一番嬉しかったのは、京ちゃんが私の事を褒めてくれるようになったことだ。

以前から彼は私に優しくしてくれたが、決して褒めてはくれなかった。

良いように解釈しても、せいぜい出来の悪い妹を可愛がるといった感じ。

それが全く逆のものになってしまったのだから、感動はことさら大きくなった。

…何故だか『アルジャーノンに花束を』の主人公を思い出して、不安に駆られもしたけれど。

でも、そんなのは正直どうでも良かった。

県大会で全国出場が決まった時には、不安なんてものは消し飛んでしまったから。


…あれ?

私達、団体戦で優勝したんだよね?

個人戦でも、お姉ちゃん達に勝って優勝したんだよね?

なのになんで?

なんでお姉ちゃんは私を拒んだままなの?

化け物を見るような目で、こっちを見るの?

他の皆だってそう。

話しかけてはくれるけど、傍には寄ってくれないの。

和ちゃんでさえも。

私のプラマイゼロを許さず毅然とした態度でいた彼女は…もう、どこにもいない。

…それでも、それでも京ちゃんは傍に居てくれる。

これまで通り、要領の悪い私の面倒を見てくれている。

けれど。

けれど彼は、私に麻雀を止めろという。

そうしないと…私が独りぼっちになるからだと。



―――どうして?

どうしてそんなことを言うの?

私…京ちゃんが誘ってくれたから、また麻雀を打てるようになったんだよ?

皆に…京ちゃんに褒められて、私…とっても嬉しかったんだよ?

なのに、なのに、私に麻雀を止めろだなんて。

あなたが望んだ事でもあるのに。

…私は、麻雀が楽しい。

もっともっと、強い人と戦いたい。

そして京ちゃん、あなたに褒めてもらいたいの。

ねえ。

ねえったら。

私のこと、もう一度で良いから褒めてよ?

麻雀だけが、私のとりえなんだから。

だから。

これにてカン!