春「台風で帰れない。泊めて」

京太郎「……まずなんで台風直撃な今外に居たか説明しようか」

春「……黒糖が流されて」

京太郎「どこから突っ込めばいいんだ」

春「……突っ込むなんて……ポッ」

京太郎「そういう意味じゃねーよ!ああもういいから一回上がれ。服着たまま泳いだみたいになって」

春「うん……あ」

京太郎「なんだ?」

春「玄関濡らしてごめんなさい」

京太郎「それくらいいいって」


京太郎「確かに風呂使っていいっていったけどさ」

春「?」

京太郎「なんで俺のシャツ1枚なんだ!?」

京太郎「後胸元は隠せ!ボタン閉めろ!」

春「……閉まらない」

京太郎「……俺が悪かった」

春「ん」

京太郎「で?シャツ1枚なのは?」

春「誘惑しようと思って」

京太郎「あのな……そもそも台風来て大変なんだし、家に居たらいいだろ」

春「……今、家一人だから」

京太郎「?」

春「みんな本家のお手伝い……一人は、怖い」

京太郎「……そっか」

春「押しかけて、ごめん」

京太郎「いいよ。俺も一人だしな」

春「……一人?」

京太郎「親が帰ってこれないらしくてなー。だから多少は…」

春「騒いでも大丈夫?」

京太郎「よし、ボタンに掛けた手を放せ」


春「……ダメ?」

京太郎「…………だーめーだ」

春「迷った」

京太郎「……そりゃ男だし」

春「私はいいよ?京太郎のことが好きだし」

京太郎「……冗談はそのくらいに」

春「本気」

京太郎「……マジか?」

春「京太郎が思っている以上に。今日も本家に来ていいって言われてたの無視して来た」

京太郎「それ結構とんでもないことしてないか?」

春「それだけ京太郎が好き」

京太郎「…………」

春「京太郎は私のこと、嫌い?」

京太郎「そんなことねーよ。今だって春がすっげー可愛くて、押し倒したいくらいだ」

春「いいよ。京太郎になら、なんでもしてあげる」

京太郎「……止まれねーからな」



京太郎「……そういえばさ」

春「何?」

京太郎「こういう、いつもと違う状況で結ばれたら長続きしないって言うよな」

春「もう捨てるの?」

京太郎「そんなことないって。ただ、ちょっと気になっただけだ」

春「大丈夫」

京太郎「やけに自信ありそうに言うな」

春「台風が来るずっと前から、好きだったから」


カンッ!!