宥「あったか~い♪」ポカポカ

玄「ほんとだね~」ポカポカ

京太郎「2人とも最近よくうちのプールにきますよねー」

宥「だって温水プールなんてあったかいんだもん」

玄「田舎だからこんな施設はここしかないんだもん、カピちゃん用とはいえすごいよね~」

カピ「キュ…」

宥「ふふっ…カピちゃん体温高くてあったかいよ」ギュッ

カピ「キューッ!」

玄「まあ今度うちの温泉に招待してあげるから、ねっ?」

京太郎「まあおれも色々おいしいからいいんですけど……」ボソッ…

宥「京太郎くんは入らないの?」

京太郎「えっと……ちょっとやることがあるので、少ししたら俺も入りますよ」

玄「じゃあその間に私はお姉ちゃんのおもちを堪能するのですっ!」モニュッ

宥「ひゃんっ! 玄ちゃんそこは……んんっ!!」ビクッ

京太郎「それじゃあ失礼しますねー」


京太郎(さてあの2人は水着で温水プールに入っている、これが何を意味するのか……)

京太郎(もちろん家に水着で来るわけがない、水着にはプール前の脱衣所で着替えている、つまり……)

京太郎「この脱衣所にはに2人の下着があるわけだ!」

京太郎(んっ? この世界に下着はない? 何いってるんだかわからんな?)

京太郎「あー、やっぱ宥さんのパンツは普段から厚着だから蒸れて匂いがすごいわー」スーハースーハー

京太郎「むむっ! ブラのサイズが大きくなっているだと! まだ成長しているというのか……恐ろしいな」

京太郎「宥さんのおもちを間接ペロペロしてやるぜ……」レロレロレロレロ…

京太郎「あまり時間もないし次は玄さんのほうにいくか」

京太郎「宥さんには負けるけど玄さんも大きいんだよな……あの小柄な体格でこのサイズとか反則だろ!」

京太郎「しかもまたこんなエロエロなの……まったくけしからん! 襲ってやりたいぜ!」

京太郎「もうあまり時間がないか……今日は玄さんのパンツでするか……」ゴソゴソ

京太郎「玄さんっ……いいっ……うっ!」ビュルッ!

京太郎「やべっ! ちょっと付いちゃった……まあ拭いておけば大丈夫だよな」ゴシゴシ

京太郎「じゃあ怪しまれる前に俺も温水プールに行くとするか、2人の水着おもちも堪能したいしな」



京太郎「じゃあ俺はカピー洗ってから出るのでその間に着替えちゃってくださいね」

玄「はーい、ゆっくりしていいからね?」

宥「じゃあお先に失礼するね」


玄(京太郎くんは脱衣所で水着に着替えている、これが意味することは……)

宥「あっ! 京太郎くんのパンツあったよー♪」

玄「京太郎くんの下着があるということなのです!」

宥「じゃあ時間がないから早くしないとね……んっ!」ピクッ!

宥「京太郎くんのパンツいい匂いするよぉ……」クンクン…

玄「ほんとだ……今日はいつもより匂いがきつくてすばらしいですのだ!」ハムハム…

宥「京太郎くん……あんっ……そこぉ……」クチュ…

玄「匂いすごいよぉ……妊娠しそう……ふきゅっ!」グチャッ…

宥「やっ……あぁあぁぁぁっっ!!」ビビクン!

玄「あっ……ふきゅううぅぅっっ!!」ビビクン!

宥「あったかぁい……」

玄「んっ……そろそろ着替えないとね、京太郎くんが来ちゃうから…」



宥「今日はありがとうね♪」

京太郎「いえいえ、ぜひまた来てくださいね?」

玄「じゃあまた来週も来ちゃおうかな?」

京太郎「いいですよ、2人が来ると色々と楽しいですから」

玄「そうだね、色々と楽しいよね!」

宥「うん、色々ね……」

カン!