京太郎「……まったくあの家族は」ハァ…

『特選!眼鏡っこの詰まったエロ本!』

『小さくても感度は抜群? 貧乳クラブ!』

『人妻ってエロい! 大人の魅力あふれる女を妻み食い!』

京太郎「なんでいつも人の家にこんなエロ本を届けるんだよ……」

京太郎「おぉ……これはすばらな……」ゴクリ…

京太郎「学校から帰ったらじっくり読ませてもらうとするか……いってきまーす!」ヒトリグラシダケド



京太郎「ただいまー、って誰もいないはずなんだけど……」ダル…

洋榎「遅かったなー待ちくたびれたでー」

絹恵「おかえりなー、ご飯にする? お風呂にする? それとも……きゃーっ!!」

雅枝「ご飯はもうできるでー、あっ! 先にお風呂一緒に入るか?」

京太郎(週末になるとこの3人がいつも家に泊まりに来る、ちなみに俺の許可はない)

京太郎「いつものことですけどなんで家にいるんですか……」

洋榎「ダーリンの家にいるのは当たり前やろ?」

絹恵「いや、京太郎はうちの夫やからね?」

雅枝「いくら娘でもうちの旦那に手出したら許さんで?」

京太郎「言っときますけど、まだ誰のものでもないですからね?」


京太郎(そして晩御飯を食べた俺は風呂に入るのだが…いつも3人が乱入してくる…)

雅枝「んっ……はぁん……」ニュルニュル

絹恵「あんっ……気持ちえぇか?」ムニュムニュ

京太郎(今は愛宕家巨乳組に体を洗われている……スポンジを使わずに……これどこの風俗だよ)ギンギン!

洋榎「なんでうちだけ……」ブクブク…

京太郎(そして唯一の貧乳の洋榎さん……見事な平原だ、2人と違って目に優しいぜ)

雅枝「ほな流すでー」ザーッ

京太郎(んで湯船につかるんだけど……)

雅枝「狭いんやしくっつかないと入れんよなぁ」ギューッ!

絹恵「せやねー仕方ないもんなー」ギューッ!

洋榎「そんな余計なもんぶら下げとるからや……」イジイジ…

京太郎(おもち好きですけどこのときだけは洋榎さんに同意するわー)

雅枝「なんか硬いもんが当たってるで?」

京太郎「あははーなんでしょうねー」

京太郎(ちかたないよね、おもちがそこにあるんだもん)


京太郎(そして寝るときになっても……)

洋榎「朝の本はどれが一番気に入ったん? もちろん貧乳ものやろ?」

絹恵「京太郎はおもち好きやから巨乳ものやろ」

雅枝「いや、人妻のエロさに比べたらそんなもんなんて……」

京太郎(この3人がベッドに入ってくる、大きいとはいえ流石にきついって)

京太郎「そんな朝に渡されてそんなすぐ読めませんから」

絹恵「えぇ~じゃあ今夜はどないするん?」

洋榎「気に入った本差し出したのが相手してもらうってことやったのに……」

雅枝「もう4Pでええんやないか?」

京太郎「結局それいつも通りじゃないですか……って、うわーっ!」

京太郎(そして3人にいつも無理やり襲われるのであった)



数時間後…

洋榎「えへへ…ダーリンはげしぃ……」ムニャムニャ…

絹恵「もうこれ以上無理やぁ……」スヤスヤ…

雅枝「あんっ! もっともっとちょうだいいぃぃ!!」ズッズッ…

京太郎(そしてなんだかんだノリノリで3人の相手をしてしまう俺であった……)ビュルルッ!

男子高校生と人妻の性欲はすごいのでした…

カン!