団体戦準決勝第1試合が終わってすぐ、俺こと須賀京太郎はいつも通り買い出しを頼まれた。

大型モニター越しに熱戦を見て、その余韻に浸っていたというのに…部長め。

まあ…明日はウチが準決勝で勝ち抜かないといけないし、断る理由なんてある訳無いんだが。

むしろ、今日の試合以上に白熱した対局をして欲しいと俺は思う。

その為に何か出来るのは、悪い事じゃない。

麻雀はまあ好きっちゃ好きだ。けど、俺は所詮ド素人でしかない。

それに俺は男。

本来であれば、皆と一緒にいるのは難しい立場だ。

下心無しに女子ばかりの麻雀部に入ったとも言えない。

「何でお前はそこにいるの?」

そう聞かれた事も、何度かある。

実際俺は、特別麻雀に思い入れがある訳でも、何かしら事情があって部にいる訳でもない。

単なる気まぐれ。

ただ、自分がやりたいようにやってるだけだ。

それを麻雀部の皆が受け入れてくれてる。

それでいい。

小難しい話など何もないんだ。だから俺は、

「あそこにいるのが楽しいから」

と、笑って答えるのだ。


pipipipipipipi....


「…もしもし?」

『なるべく早く帰ってきてね?』

「分かってますよ、部長」

『後…今日は何だか眠れそうにないから、愚痴とかで良いなら後で話を聞いて欲しいな』

「こっちは構いませんよ。準決勝の前ですし、他の面子には中々言える事じゃないでしょうから」

『そう…助かるわ。場所はそっちの部屋でいいかしら?』

「大丈夫なんですか?」

『他の誰にも見られない場所がいいの…だからどうか、私を安心させて』

「…仕方のない人ですね」