京太郎「(人肌恋しい)」

京太郎「(且つ、ムラムラしてる)」

京太郎「(ピュアとノンピュアが交差する時、むしろ何かが始まる!)」

京太郎「(知らんけど)」

穏乃「京太郎?」トテテ

京太郎「!」

京太郎「(穏乃か……ちょうど良い、スキンシップを取らせてもらおう)」

京太郎「穏乃ー!」ギュッ

穏乃「うえっ!?」

京太郎「穏乃は可愛いなぁ……」サワッ

穏乃「にゃ、わ、きょ、京太郎っ?」アセアセ

京太郎「」ナデナデモフモフチュッチュペロペロ

穏乃「ふぁあ、んぅっ……///」ビビクン

憧「ストーーーーーーーーーーップ!!!」グイッ

京太郎「うおっ?」 穏乃「あっ」

憧「いきなり何を全力でセクハラしてるわけ!? 馬鹿なの? 死ぬの!?」

京太郎「え? あ!」

京太郎「(しまった、ノンピュアの影響が……!)」

京太郎「すまん穏乃、つい!!」

穏乃「う、ううん///」

憧「ったく……しずも京太郎に何かされたらすぐに言うのよ?」

穏乃「……///」ドキドキ


~翌日~

ガラッ

「「あ」」

京太郎「よ、よう穏乃。一人か?」

穏乃「う、うん。なんかみんな遅くて」

「「……」」

京太郎「(気まずい……昨日あんなことしちまったしなぁ……)」

穏乃「」ピッタリ

京太郎「って穏乃!? なんで俺にくっついてんだ!?」

穏乃「ん……なんでだろ。なんか、京太郎の傍に居たくて」モジモジ

京太郎「いやいやいやいやマズいだろ! また昨日みたいなことされるかもって思わないのか?」

穏乃「……昨日みたいな」

京太郎「そうだよ。もちろん俺も気を付けるけどさ、万が一ってこともあるし――」

ギュッ

京太郎「!?」

穏乃「きょう、たろう」ギュー

京太郎「し、しししししししッ!?」

穏乃「してくれないの?」

京太郎「へ?」

穏乃「昨日みたいなこと、もうしてくれないの……?」ポー

京太郎「な……ど、どうしたんだよ穏乃、どうしちまったんだ!?」

穏乃「わかんない……けど、身体がすっごく熱いの。京太郎ぉ……」スリスリ

京太郎「穏、乃。俺は……俺は――」