「スペクタキュラー・スガイダーマン」


暴漢A「へっへっへぇ…女の子(?)がこんな夜道を一人とはいけねぇな?
   ちょっと俺らが直接的な指導をして差し上げるぜ」

はやりん「キャー!たすけてー!(往年のヒロイン悲鳴)」

暴漢B「騒ぐんじゃないぜお嬢ちゃ…お嬢?お……あー………
   …………姉ちゃんよぉ!」


???「ヘイ、女性に二人がかりじゃあたいした運動にならないよ!」

暴漢A「なにぃ?……!…ゲェー!お、お前は!」

スガイダーマン「Look out! スガイダーマンがきたぞ!」

暴漢B「こ、こいつがいま巷で噂のスガイダーマン!」

スガイダーマン「君ら二人とも少しお腹が目立つようだから、俺が少しシェイプアップのコツを教えてあげる…よっ!」

ガッシ ボカッ ゴギィッ メギュッ ドリュッ ズバグッ

暴漢A&B「はらほれひれはれ~…(バタンキュウ)」

スガイダーマン「そうそう、運動したらちゃんと睡眠をとらないとね、
        あいにく毛布はないからそこのゴミ捨て場のビニールで我慢しなよ

        おっと、怪我はないかな牌のお姉さん?
        今度からはちゃんと明るい道を歩こうねー!それじゃっ!

        あっ、君が出る番組はみんな観てるよー!」


はやりん「スガイダーマン……様…(ポー)」


翌朝

京太郎「(あー昨夜はやりんに会えて超ラッキーだったなー!
     まさか長野に来てるなんてよぉ!サインは貰い忘れたけど、
     あそこで助けなかったらテレビで観ることもできなかったし、よしとするか)」

咲「あっ!京ちゃん京ちゃん!ねえ、昨夜またスガイダーマンが出たんだって!
  それもはやりんを助けたって!あー私も会ってみたいなースガイダーマン!」

京太郎「そんなにあんなマスク野郎に会いたいかねぇ、ピンチになったら来てくれるみたいだし、
    いつもみたいに何もないところで咲が転んだら現れるんじゃねーの?ほれ、いっちょそこでひでぶ」

咲「京ちゃん!私のこと馬鹿にしすぎだよ!ふんだっ!ぷんぷん!」

京太郎「さ、咲ぃ…かばんの角は痛いだろうが…!あと自分でぷんぷん言わない…ったく、待てよ、おい!」

咲「京ちゃんなんか知らな…(コケッ)い…?うわわっ!」

京太郎「あぶねっ!

    ……っとぉ、気をつけて歩けっての」

咲「う、うん…ありがと京ちゃん……あはっ、スガイダーマンは来なかったね!」

京太郎「ははは」


咲…お前がいくら転んでもヒーローはこないよ
だって、俺がいるから
お前をいつだって守るのはマスクのスガイダーマンじゃなくて…

”須賀京太郎”の役目だからさ…




良子「はやりさん、真剣にスマホいじって何か調べ物ですか?
   それともまた自分のファンスレで自演活動ですか?」

はやり「えーっとね、はやり引っ越すの」

良子「あー物件探しですね、アイシーアイシー
   で、どこに?」

はやり「長野♪」

良子「……へ?」



カンッ