「もしも脇役がギャルゲーの主人公になったら」




咲「…なにこれ」

和「さあ?」

咲「さあじゃなくて」

和「そう言われましても…私だってこんなの送りつけられて困ってるんですから」

咲「送り主って誰なの?」

和「龍門渕さんからですね」

咲「ああ…合宿でもやたらと和ちゃんに対抗意識燃やしてたよね」

和「アニメでも原作でも、合宿中じゃ描写されてませんけど」

咲「やめたげて」

和「私はあちらを意識していないのに、彼女はドラマCD第2局で……」

咲「おい」



咲「ところで…何であの人はこんなものを?」

和「『相手の心情を察する感性は、女性にとって必要なステータスの一つです』」

和「『原村和…あなたと私のどちらがより女性として優れているか、試させていただきましょう!』とかなんとか」

咲「ふーん…で、この携帯機にゲームデータが入っているんだね」

和「ええ。プレイデータはリアルタイムであちらに送信されるそうです」

咲「…随分に凝ってるね」

和「こんなものを拵える位なら、麻雀の研究でもしていた方が良いと思うのですが」

咲「もう散々やってるだろうけどね」

咲「…ところで、一つ聞きたい事があるんだけど?」

和「はい?」





咲「何でこのゲームって、主人公が京ちゃんそっくりなの?」ゴッ


和(…怖っ!)

和(いやいやいやいや…咲さんあなた、合宿の時須賀君へのお土産を忘れかけてたじゃないですか)

和(部員の中で付き合いが一番長い割には、作中でもほとんどしゃべった事ないですし!)

和(…穏乃たちと疎遠になってた私が言う事じゃないでしょうけどね!後付?咲フェス?…知らない子ですね)

咲「…和ちゃん」

和「な、何でしょう?」

咲「早くゲームを始めようよ。私は機械とかからきしなんだから、和ちゃんにやってもらわないと」

和「…そうですね。では、始めましょうか」




※ゲーム中の人物はすべて仮名です。




タコス『Kタロー…お前は本当によく出来た犬だな!』

Kタロー『だから俺は犬じゃねえって』

タコス『照れるな照れるな。このタコスに仕えることを、光栄に思うんだじょ!』

Kタロー『つってもお前、何もかもがちんちくりんだからなー…』

タコス『それはどうかな…私はあと2回も変身を残している…』

Kタロー『…それって結局、最後はちんちくりんになるよな?』

タコス『きーっ!』



咲「ねえ和ちゃん、これって…」

和「このゲーム、萩原さんお一人が一晩で作ったそうですね」

咲「ああ…」



タコス『お前のような犬がいて、私は幸せだじぇ!』

Kタロー『(ああ…結局恋も麻雀も上手くいかなかったな)』

BAD END


和「…」

咲「…」

和「優k…じゃなかった、タコスの出てくる選択肢は一度だって選ばなかったんですけど」

咲「わt…じゃなくて、リンシャンのイベントばかりこなしてたよね」

和「プレイ回数延べ1004回…このエンディングばかり目にするのは、流石にきついですね」

咲「ところで和ちゃん…何で友達の嫁太を頼らないの?」

和「友達に聞けば何でも分かるとか、そんなもので人間関係がどうにかなったら苦労しません」

和「というか、そんなオカルトありえません…というか、それをやったら負けみたいな気がします」

咲「まあ…ね。でもこのままだと、私たちの身が持たないよね」

和「…諦めるしかありませんか」

こうして二人は、嫁d…じゃなくて嫁太を使ってみる事にした……。




嫁太『おおう、リンシャンちゃんは良い嫁さんだなァ』

Kタロー『いや、コイツとはそんなんじゃないってば』


嫁太『俺の情報、特別に見せてやるよ!』

Kタロー『おっ、サンキュー!』


嫁太『今の所…好感度はこんなもんだな』

Kタロー『ふぅ~む…なるほどなるほど、なるほどー』


嫁太『コンサートのチケット、やるよ!』

Kタロー『いいのかよお前…これって結構高い奴じゃ』

嫁太『いいんだよ…俺、彼女にフラれちまったからさ…』

Kタロー『嫁太…』


和「どうして嫁太君は、ここまで献身的なんでしょう…?」

咲「ゲームなんだし、そこはどうでもいいような気がするけど…はっ!」

和「どうかしましたか?」

咲「きっと嫁太君って、主人公に気があるんだよ!!!」

和「それだとゲームが変わってしまうんじゃ…とは言い切れないのが何とも」

咲「というか、それでなくても嫁太君って気になって仕方ないよね」

和「ええ…」



嫁太『ようようお二人さん。今日は二人で仲良く登下校かあー?』

ドラロー『え、えっと…』///

Kタロー『恥ずかしいからちゃ、茶化すなよな…』///


嫁太『俺が上手く誤魔化しとくから、二人で行ってきな!』

Kタロー『すまねえ、恩に着るぜ!!』

嫁太『いいってことよ』


Kタロー『…俺、もうダメ』

嫁太『あきらめんなよ!!ドラローのこと、好きなんだろ!!!』

Kタロー『嫁太…』


嫁太『3年ってあっという間だったよな…けど俺、お前に会えてよかったぜ!』


和「よ…よ…嫁太ーっ!!!」ブワッ

咲「うっ、うう…」ウルウル

和「あなた…こんな主人公の為に3年間も…!!!」

和(Kタロー君も良い人なんですけど…けど!)

咲「あなたも青春しなよ!!!」

咲(それ以上に嫁太君が良い人過ぎるの!)



咲「こうなったら私が嫁太君の物語を書くんだよ!」

和「ええ!!!是非幸せにしてあげましょう!!!」

咲「じゃあまずは相手の人を決めないとね」

和「ですね。嫁太君がよく一緒にいて並々ならぬ情愛を注いでいたのは……」




咲&和( (主人公ことKタローじゃねえか!) )



京太郎「ちーっすー…って、どうしたんだよ二人とも!」

咲「て、徹夜してたの…」

和「もう、指一本動かせません…」

京太郎「部室で徹夜とか一体何やってたんだか…ただでさえ二人は色々噂されてるのに」

京太郎「ん…なんだこりゃ?」


Kタロー『他のどんな女の子よりも、俺は…お前のことが好きなんだ!』

Kタロー『お前なら、いい嫁さんになれるって…俺と一緒に生きていけるって信じてる!!』

Kタロー『信じてるんだ…嫁太!!!』

嫁太(そんな…!)

嫁太「俺は…お前を見守ってるだけで…それだけで、それだけでよかったのに……」ポロポロ...





京太郎(ホント何があったんだー!?)ガビーン