和「須賀くんのどこが好きでそんなに気を揉んでいるんですか。咲さんや優希は」

咲「どこが好きって、それが分からない和ちゃんじゃないでしょう」

和「いいえ、分かりませんね。いつも下心ばかりで八方美人な須賀くんですから」

京太郎「おいおい、手厳しいぜ和。俺にだっていいところの一つや二つあるだろきっと」

和「そうですね、せめて今感じている抱き心地くらいは認めてあげましょう」

京太郎「もし気に障ることでもしたなら謝るからさ、機嫌直してくれよ」

和「あなたに特別落ち度はありませんよ。そんなことより、しっかり腕を回してください」

京太郎「ああ、ごめん。これくらいなら抱き締めても苦しくないか」

和「ちょうどいい塩梅ですね。私としてはもう少し強くても構いませんが」

京太郎「それはよかった。和とこうして抱き合えるなら俺も役得だからな」

和「セクハラを告発して父のお世話になりましょうか?」

京太郎「冗談きついぜ、勘弁してくれ」

和「ふふふ、私にだってジョークの嗜みくらいあるんです。参りましたか」

京太郎「はいはい参った参った。それで、なんの話をしてたんだっけ」

咲「京ちゃんのどんなところが好きかって話でしょ。蚊帳の外にしてくれちゃって」

京太郎「ああ、咲は俺のことが好きなのか。全然知らなかったぜ」

咲「たった今嫌いになりそうだけどね。そもそも和ちゃんが相手じゃ勝ち目なんてないし」

和「勝ち目とは? 咲さんが須賀くんとお付き合いする上で私が障害になるんですか?」

咲「え」

和「え?」


咲「和ちゃんと京ちゃんって、随分前から付き合ってるんだよね?」

京太郎「何言ってるんだお前、俺なんかが和と付き合えるわけないだろ」

和「ありませんよ、そんな事実。どうして私たちが交際しているだなんて思ったんですか?」

咲「現に今だってピッタリ抱き合ってるじゃん! それはどういうことなの!」

京太郎「ああ、これは和が毎日せがむから充電してるだけだよ」

和「何故だか得も言われぬ満足感があるんですよ。こうして須賀くんを抱き締めると」

咲「へえ! なんでだろうね! すごく不思議!」

和「とにかく、別に付き合ってるわけじゃありませんから。私たち」

咲「じゃ、じゃあ私が京ちゃんに告白して、今ここで付き合うことになってもいいの?」

和「え?」

咲「京ちゃんのことなんか好きじゃないんだよね? 和ちゃんは」

和「それは、その」

京太郎「そうなのか? 和」

和「…………」

咲「…………」

和「何故でしょう。恋人同士になったお二人を想像すると、胸が痛いです」

京太郎「和」

和「須賀くん」

咲「…………」



咲(あ、これダシにされた奴だ)