和「須賀くん。こっちを向かないでもらえますか?」

京太郎「え…な、なんでだ?」

和「私の体が汚されてしまいますから」

京太郎「いや、だからといってだな…」クルッ

和「見るな」グイッ京太郎「ぐええ」グキッ

京太郎「分かった!そっちを見ないから!手を離せ!」バタバタ

和「…ならいいんです」

京太郎「…ったく…代わりに一つだけ聞かせてくれないか?」

和「…用件によります」

京太郎「あ、あぁ…えっとな…」

和「早くしてください。私はあまりあなたと喋りたくないんです」





京太郎「…なんで俺の背中にぴったりくっついてるんだ?」

和「…」スリスリ

京太郎「なぁ、のど」「喋るな、黙れ」「ひどくない?」


和「私は…すん…あなたと…すぅー…はぁぁ…♪語る舌を…くんくん…♪も、持ってにゃんか…いにゃいんれすからぁぁ…♪♪」スリスリ

京太郎「ねぇ落ち着いてっていうかトリップしてない!?」

和「すぅー…♪♪はふぅぅ…♪♪♪」ギュー

京太郎「匂いかがないで抱きつかないでぇぇ!当たってるから!!色々アレだから!!!」

和「知りません…♪こんな匂いで誘惑してくるような男の事なんか知りませ…んっ♪はぁっ…♪」ズリズリ

京太郎「ねぇ、もしや今俺の体使ってる?もしもーし?」

和「あっ…あぁっ…♪イッ…くぅっ…♪♪」ビクビクッ

京太郎「今誤魔化しようのない状況になった気がするぅぅぅ!!」

和「しゅがくん…こっちむいてぇ…♪♪」スリスリ

京太郎「はいっ!今向きます!何もしないからね!?」クルッ

和「あはぁ…♪ちゅっ…ちゅぱっじゅるるるっ…れろぉっ…♪♪」

京太郎「んぶっ!?ぷはっちょっのどっむぐっ」

和「逃がしませんよぉ…♪既成事実をとればこっちのものですから…♪」トローン

京太郎「わっちょっと待って!落ちつ…」

イヤアアアアアアアアア…

カンッ