中学に入るまで、私に友達はいなかった。

その頃の私は、お姉ちゃん達と一緒に日々を過ごしていた。

だから、無理に友達を作る必要は無かった。

そもそも、友達なんていらなかった。

お姉ちゃん達と本さえあれば、生きていられたんだ。



けれど…そんな日々は、ある日突然失われてしまった。

理由はよく覚えていない。

――もしかしたら、2回戦の後に脳裏をよぎったあの光景なのかもしれない。

お姉ちゃんが私を許さないのは、そのせいなのかもしれない。

…それでも私は、あの光景を思い返そうとは少しも考えなかった。

そしたらきっと、私がIHに来た意味が無くなってしまいそうな気がしたから。

皆のことを、裏切ってしまうような気がしたから。

部長、染谷先輩、優希ちゃん、それに和ちゃんのことを。



…あれ?

誰か一人、忘れているような気がするよ。


そういえば、私は中学からの三年間…どんな風に日々を過ごしていたんだっけ。

確か授業は普通に受けていた。

休み時間中は、ほとんど誰とも話さず本を読んでばかり。

あの中学に給食は無かったから…昼休みはいつも、レディースランチを頼んでた。

私は、それを食べなかったのだけど。

…じゃあ、そのレディースランチは誰が食べたんだろう?

私には、何も思い出せない。

『日替わりのレディースランチがめちゃくちゃうまそうでさ…』

そんなことを言ってたのは、一体どこの、誰であったか。

『咲は何やらせてもダメだからなァ』

そんな風に言ってきても許せた相手は、誰だったのか。



私をここに導いてくれた、独りぼっちじゃなくしてくれた…あの人は一体誰だったっけ。

やっぱり何にも思い出せない。

私を麻雀部に連れて行ってくれた人は、もう…どこにもいない。

誰一人として、あの人の事は覚えていない。

かつて私の傍にいてくれた、優しい男の人のことを。





悲しい気持ちのはずなのに、私はもう…涙一つ流せない。