由暉子「さっきからどうも浮かない顔ですね。須賀くんと何かありましたか」

揺杏「なんでもないよ。特に不満を感じてるわけじゃないし、ただちょっとね」

由暉子「皆さんが部室に来るまでまだ少しありますから、私でよければ聞きますよ」

揺杏「いやいや、気にしなくていいってば。他の人に話すようなことじゃないもん」

由暉子「白状しましょう、私が話を聞きたいんです。ただ単に」

揺杏「ええ?」

由暉子「お願いします。恋に敗れた後輩を慰めると思って、どうか」

揺杏「…………」

由暉子「…………」

揺杏「京太郎とね? エッチしたの、昨日」

由暉子「どうしましょう、想像していたよりもずっと胸が苦しいです。大きいからでしょうか」

揺杏「やっぱりやめようか」

由暉子「問題ありません。特別お気になさらず、どうぞ続けてください」

揺杏「それでね、お互い初めてだったわりに上手くいったの。京太郎、すごく優しくしてくれた」

由暉子「聞く限りでは何か問題があるようには思えませんが、それがどうかしたんですか」

揺杏「彼も『気持ちよかった』って言ってくれたし、本番は悪くなかったんだけど」

由暉子「けど、なんですか」

揺杏「前戯がね、すごく変態くさかったの」

由暉子「はい?」

揺杏「ストッキングを脱ごうとしたら、今まで見たこともないような真剣な顔で止めるし」

由暉子「ああ、そういう」

揺杏「私の太ももでおちんちんを挟んでそこに精子を出したり、足の指をしゃぶったりするし」

由暉子「大きいおっぱいが好きなだけの人じゃなかったんですね、須賀くんって」

揺杏「挙句の果てに、自分の顔に跨ってほしいだなんて。ホント変態さんだよ」

由暉子「その口ぶりだと、もしかして跨ったんですか。言われるがままに」

揺杏「仕方ないじゃん、あんなに目をキラキラさせてお願いするんだもん。断れないよ」

由暉子「それは本当にお気の毒さまですね」

揺杏「シャワーだって浴びさせてくれなかったし、あのときは半ばやけっぱちだったと思う」


由暉子「それで、どうなったんですか。その後は」

揺杏「えっとね。すごく嬉しそうに、その」

由暉子「岩館先輩?」

揺杏「わ、私のおまんこのニオイ。五分くらいずっと嗅ぎ回された」

由暉子「…………」

揺杏「彼のあそこ、それまでよりずっと大きくなって。そしたら私も変な気分になってきちゃって」

由暉子「え」

揺杏「え?」

由暉子「それで、そのまま事に及んだわけですか。初めて同士の高校生カップルが」

揺杏「もちろんコンドームは着けたよ? ストッキングはお股の部分破かれちゃったけど」

由暉子「いえ、私が言いたいのはそういうことではなくてですね。岩館先輩」

揺杏「うん」

由暉子「須賀くんのアブノーマルばかりに目がいきますが、聞く限りでは先輩も大概ですよ」

揺杏「うん?」

由暉子「性癖を受け入れるところまではまだ分かりますが、最後は彼の顔に跨って興奮したんですよね」

揺杏「だって、自分の恥ずかしいところのニオイをあんな風に喜んで嗅がれたら。ねえ?」

由暉子「…………」

揺杏「ユキ?」

由暉子「変態」

揺杏「なんで!?」

由暉子「なんでって、結局は最初から最後までノロケ話じゃありませんか。無駄な時間を過ごしました」

揺杏「後輩が冷たい!」

由暉子「近付かないでください。変態が移ります」

揺杏「」



揺杏「」