恭子「なぁガースーよ」

京太郎「どうしましたメゲ原さん」

恭子「その名で呼ぶんやない」

京太郎「さーせん」

恭子「まあええ、許したる…んで、聞きたいことあんねんけど」

京太郎「はい?」

恭子「うちと付きおうてくれへん?」

京太郎「いいですけど?お話はそれだけですか?」

恭子「へ?あぁ、そやで」

京太郎「それじゃあ俺これから用事があるので…お疲れさまです」ペッコリン

恭子「あ、うん。おつか…ちょい待てや」ガシッ

京太郎「なんです?」

恭子「いや…おかしない?うち結構本気で告白したんやで?…あ!もしかして買い物に付き合ってと勘違いしたとか!」


京太郎「恋人としての付き合ってですよね?いいですよ」

恭子「…さてはこれどっきりやな!どこからか…」

京太郎「そんな気持ちを弄ぶようなことはしませんよ。最低じゃないですか」

恭子「う…うぅ…」

京太郎「…もしかして俺と付き合いたくなかったんですか?」

恭子「そんなことない!うちは京太郎のこと大好きや!」

京太郎「うーん…あ、なるほど。実感が持てなかったと…じゃあ…」スッ

恭子「へ?どうした」「んちゅ」「むぐ」

京太郎「ん…はむ…ちゅ…れろ…ん…ぷはっ…どうですか?」

恭子「」ポー「はっ!?えっ!?何が!!
?」

京太郎「まだ実感出来ませんか…じゃあもうヤるしかないですね…」

恭子「うそん!?まだなんか方法はあるはずやって!ていうかちょっと落ちつ」

京太郎「大丈夫っすよ。初めてでも痛みは感じさせませんから」ズルズル

恭子「あぁぁぁぁぁ……」ズルズルズルズル

………………あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛♪♪♪♪♪

カンッ