インハイ会場の外、人気の多い場所で須賀君はぼうっと突っ立っていた。

けれど、誰もが彼を避けるようにして歩いている。

存在を認められていないのか。

あるいは、存在を認識されていないのか。

…確かなのは、彼が私と似た境遇にあるらしいということだけだった。





「そんな所で、辛気臭い顔してちゃ駄目っすよ」

私がそう声をかけると、彼は驚いたような顔でこちらを見た。

「…俺が、見えるんですか?」

「見えるとか見えないとか、そんなのありえないっすよ」

「そう…ですよね。俺の勘違い、なんですよね?」

彼はひどく困惑しているようだった。

先程の光景を見てはいたが、それでも理由らしき理由は少しも伺えない。

私自身、周りからまともに認識されず生きてきた時期があったのにだ。

そんな私でさえ、認識されずに周りから避けられるという経験はほんの数回。

大体は私の方でぶつからないように気をつけていたし、避けられたのも単なる偶然だ。

…私は彼の力になれないのかもしれない。

そう思ったが、やはり彼のことを見捨てたりは出来なかった。


「…東横さんは、親に自分を認識されなかった事がありますか?」

「あるっすよ」

「じゃあ、自分の部屋がある日跡形も無く片付けられていたことは?」

「!?」

「ですよね…いくら何でもそんなことは…まあ、有り得ない話だ」

そりゃそうだ。

何でこんなことを聞いたのかって、そりゃあ自分が不幸である事に酔いたいからなんだろう。

というか、酔わなきゃやってられない。

自分が誰からも認識されず、無かった事にされていく現実なんて…受け入れられはしない。

今はまだだが、いずれは麻雀部の皆からも無かった事にされていくんだろう。

そしたら俺は死んでしまうんだろうか。それとも、そのまま生きていくことになるのだろうか。

…いやだ、そんなの。




「…部長達から聞いたんですけど、東横さんって『消える』らしいんですよね?」

「そうっすけど、それが何か?」

「俺はきっと、このまま消えてしまうことになるでしょう…誰からも忘れ去られて」

須賀君は、酷く濁った目でこちらを見てそう言った。

「そんな…諦めるにはまだ……」

そんな彼に、私は根拠も何もないのに慰めの言葉を与えようとした。

けれど、言葉が続かなかった…続けられなかった。

「俺にはもう帰る家もありませんから…麻雀部でも、俺の居場所はどの道無くなっちゃうでしょう」

「…どうして?」

「俺の役目って、咲を連れてきた時点で半分終わってるようなもんですから…そう誰かが言われました」


「誰かって、誰?」

彼の言っている事が分からない。

「えと…見た目は俺と同年代で、髪型は阿知賀の鷺森さんみたいな感じっす」

意味は分かっているのに、それがまるで頭に入っていかない。

「服装は…髪の色と同じ黒基調の制服でした。そして、そんな制服のある高校はどこにもなかった」

まるで、彼の言葉を理解してはならないかのように。

「…そんな」

…もし、そうだとしたら。

「ひょっとしたら、俺が見たのは死を告げに来た神様だったのかもしれませんね」

神様というのは、すこぶる性格の悪い奴なんじゃあないだろうか。




「ところで、お願いしたいことがあるんですけど」

「何です?」

「俺…独りぼっちになりたくないんですよ。ぶっちゃけ、そういうのは慣れてませんから」

じゃあそれに慣れてる私は何なんだと毒づきたくなったが、ここは抑えないと。

「…ですから、一緒に来てくれませんか?」

え?

「どうか、俺と一緒に消えてくれませんか?お願いですから、俺の事を覚えていてくれませんか?」

―――何を、何を言っているんだこの人は。

「俺もあなたのことをずっとずーっと、覚えていますから。独りぼっちには、決してさせませんから」

嫌…私はまだ消えたくない、消えたくないのに…身体が少しもいう事を聞いてくれない。






嫌だ…こんなの嫌だ…嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ――――――!






「…大丈夫、新たなカタチになれるから」