優希「……」

和「……」

優希「なあ、のどちゃん」

和「」ビクッ

優希「昨日のアレ、何のつもりだったんだ?」

和「アレ、ですか?な、何の話でしょうか……」

優希「誤魔化したって無駄……昨日、部室で、京太郎に、した事について聞いてるんだ」

和「それ、は……」

優希「したんだよな?」

和「っ!!」

優希「私がまだしてないってわかってて、それを相談されて知ってたのに、京太郎としたんだよな?」

和「ゆ、ゆーき……」

優希「のどちゃん……京太郎が告白した時フッたんだよな?その後色々あって私と付き合う事になったって知ってたよな?」

和「は、い……」

優希「だったら!!」

和「っ……!」

優希「なんで、あんな事したんだ!?京太郎をフッたのに、なんで今更そんな事したんだ、答えてよのどちゃん!」

和「ごめん、なさい……」

優希「私はそんな言葉を聞きたいんじゃない!聞かれた事に答えてって言ってるんだ!」

和「……須賀君からの告白を断った時、私は本当に彼をそんな目で見ていなかったんです」

優希「……」

和「だけど、その後ギクシャクして、須賀君と今まで以上に距離が出来るようになって、胸にポッカリ穴があいたような気持ちになって……」

優希「……」ギリッ

和「う、失ってから初めて、須賀君を意識して、ぐすっ、ダメだってわかってるのにっ、気持ちが大きくなるのを止められなくてっ……!」


優希「……それが、理由?」

和「はい……ゆーき、ごめんなさいっ……私は、取り返しのつかない事をしてしまいました……!」

優希「……そんなのどうでもいい」

和「えっ……」

優希「……のどちゃんにわかるか?あいつに好かれる要素を完璧に備えたのどちゃんに、私がどれだけしてきたか」

和「……」

優希「京太郎が家庭的な子が好きだから今までタコスくらいしか興味なかったけど料理とかだって勉強したし、わがままも言わないようにして少しでも女の子として意識されるようにした、他にも色々……子供っぽいかなって口調だって直したんだよ?」

和「……」

優希「それで一年以上そんな事続けて、咲ちゃんとも色々あって、その末に京太郎に告白された時、私がどれだけ嬉しかったか……のどちゃんにわかるか?」

和「うっ、ううっ……」

優希「……わかるわけないよね?」

和「ごめんなさいっ……ごめんなさい……!」

優希「……なあ、のどちゃん」

和「うああああああああっ!!」

優希「――こんな時のどちゃんを憎めたら、どれだけ楽なんだろうな?」

カン!