智葉「おい菫、邪魔だ。私と京太郎がいちゃつけないだろう」ギロッ

菫「はぁ?お前こそ私たちの邪魔なんだが…」イラッ

京太郎(胃が痛い)キリキリキリ

智葉「いいか?私は穏便に済ませたいんだ…これ以上まとわりつくなら刃物を持ち出してしまうかもしれんぞ」

菫「ほう?ならば私は弓を持ってこようかな…最近使ってないしいい機会かもな」

智葉「なるほど。表に出ろ。そっ首跳ねて野ざらしにしてやる」スチャッ

菫「それはこちらのセリフだな。まぁかわいそうだから首はそのままにしておいてやる」ジャコッ

京太郎「わーわーわーわー!!ストップストップ!!」

京太郎(ここで止めねーとマジでやりかねない!)

智葉「止めるな京太郎…この女はここで始末する」

菫「ふん…「始末する」なんて言うのは二流の証だ…一流の技を見せてやる」

京太郎(やばいやばいやばいやばい!どうにかしないと…ここは、あの手段しか!)クワッ

京太郎「二人とも!今すぐ止めないと一生撫でてあげませんよ!!」

智葉菫「「」」カランカラーン…

京太郎「やっぱりこれなのね…」

智葉「そ、そんな…京太郎のなでなでが生き甲斐だというのに…それを失うのは嫌だ…!」ガタガタ

菫「なぁ…嘘だよな…?嘘といってくれ頼む…あれがないと…あれがないと…もう…生きていけない!」ウルウル

京太郎「…二人が仲直りするなら取り消します…」


智葉「菫…さっきはすまなかった…」

菫「あぁ…私もつい血が上っていた…」

京太郎「よーし…えらいえらい…じゃあなでてあげるからこっちに来てください」

智葉菫「「!」」パァァ

ーーーーー

智葉「んふぁぁ…♪」

菫「はふぅぅ…♪」

京太郎「何なんでしょうねこの状況…」ナデナデ

智葉「そんなのいいからもっと撫でろぉ…♪」ギュー

京太郎「わわっ、はいはい…」わそわそ

智葉「んぅぅ…♪」ゴロゴロ

菫「こらぁ…智葉ばっかり…」グイグイ

京太郎「はいはい…」サラサラ

菫「はぁぁ…♪」トローン

京太郎「甘えるのはいいんですけど一日一回は命張るの止めてくれません…?」

智葉菫「抱いてくれたら考慮する」キッパリ

京太郎「…もしや仕組んでる?」ピタッ

智葉「あっ…そんなこともうしないから!撫でるの止めないでぇ…!」ギュー

菫「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいっ…!」ギュー

京太郎「うぉぉ!?分かりましたから!落ち着いて」

智葉「じゃあ…もっと甘えていいか?」

京太郎「いいですから…」

菫「…後であーんしてくれるか…?」

京太郎「うぐっ…わ、分かりました」

智葉菫「「…大好きっ!」」ギュー

京太郎「だぁぁ~!離れてください~!!」

カンッ