郁乃「んー…清澄対策…どないしよかな…」テクテク

郁乃(こーでもないやろうし…あーでもないしなぁ…ん?あれは…)

京太郎「♪」チャリン ピッ ガコン

郁乃(確か清澄の…あ、ふふふ♪)ピコーン

郁乃「ちょーっと、そこの男の子~」

京太郎「あ、はい。何か用ですか?…ってあなたって確か…」

郁乃「あれ~?知っとるん~?」

京太郎「えぇ、まぁ…それで、何か用ですか?」

郁乃「んー…ナンパ~」

京太郎「へ?」

郁乃「ただ~のナンパ♪カワイイ男の子見つけたからいただいちゃおうかな~って思ったんよ~♪」

郁乃(色仕掛け、やってみるのもええかもな~…引き出せたら御の字、無理でもカワイイ子やからええかもやし♪)

京太郎「マジですか!?」

京太郎(やべーよ何でこんな事なってんだよまじかよ…ちょっとみんなに呼ばれてたけど相手するのは明日で良いよな…多分)

郁乃「それで~どうするん~?うちの部屋、ついてきてくれるのん~?」スリスリ

京太郎「あ、ぅ…行かせていただきます!」

郁乃「ふふふ~♪素直な子は大好きやで~」

ーーーーー


京太郎(やっぱり大人には逆らえねぇよ…すまねぇみんな…その代わり明日ねっとりヤってやるからな)

郁乃「ふふふ~そんな硬くならんでええよ~ヤりたい盛りなんやろうし~♪」ヌギヌギ

郁乃(情報情報男の子~♪)

京太郎「えっと…はい…よろしくお願いします!」

郁乃「うん~リードはおねーさんに任せてや~…」

ーーーーー(金栗)

郁乃(とは、言うっ…ても、や…)

郁乃「はぁ…あっ♪ふぅぅ…♪んっ…♪」ピクピク

郁乃(この子…上手すぎぃ…♪)

京太郎「あれ?何か目的があって呼んだんじゃないんですか?」クリクリ

郁乃「ぴぃっ…♪きっ…気付いとったん…?」

京太郎「そりゃまあ露骨でしたしね…何が目的だったんです?」

郁乃「はっ…はぁっ…♪そこまで言うなら分かっとるんちゃうのん…?」

京太郎「ここは言わせるのが様式美な気がして…それで?答えないならもうここで…」ピタッ

郁乃「い、言う!言うからぁ!止めんといてぇっ…!」ギュッ

京太郎「わかりました…それで?」

郁乃「い…色仕掛けですぅっ…♪男の子なら…情報引き出せると思ってぇ…♪体で誘惑しちゃいましたぁ…♪」

京太郎「そんなことだろうとは思いましたが…」

郁乃「なぁ…言うたから続きしてぇなぁ…♪これ以上我慢したら頭おかしなるぅ…」フリフリ

京太郎「仕掛けた相手…しかも年下におねだりですか…?恥ずかしくないんですかね?」サワサワ

郁乃「やぁ…言わんといてぇ…♪」ゾクゾク

京太郎「ちゃんと可愛がってあげますよ…後のこと考えたら二回ぐらいしかできませんけど、この感じなら十分でしょう?」グッ…

郁乃「はいぃ…♪あっ…」

(金栗・ACT2)

カンッ