郁乃「きょーくんきょーくんきょーく~ん」スリスリ

京太郎「郁乃さん、ちょっとくっつきすぎですって」

郁乃「やぁん、いけずせんといて~な~」ギュー

京太郎「いけずって…こんな甘えん坊でしたっけ…」

郁乃「うち昔なんて知ら~ん。今きょーくんといちゃいちゃすることが大事やもーん」

京太郎「…まぁ、甘えられるのは嫌な訳じゃないですけど」ナデナデ

郁乃「ふふふ~もっとなでて~」ゴロゴロ

京太郎「はいはい…」ナデナデ

郁乃「はわ~…うちはもうきょーくんおらなやってかれへんわぁ…」

京太郎「またそんなこと言って…」

郁乃「事実やもーん。うちはもうきょーくんに全部捧げとるから…それこそ拒否されたら死ぬぐらい~」

京太郎「無駄に重たい…捨てる気はさらさらないので心配しなくて良いですよ」ナデナデ


郁乃「ほんまに?」

京太郎「もちろん」

郁乃「体で繋ぎとめんでええのん?」

京太郎「もちろ…んん?」

郁乃「あ、でもやっぱきょーくんの気持ちええから今のなしな」

京太郎「おい待てさっき何つってた」

郁乃「ムラムラしてきたしえっちしよ~やきょーくん」ヌギヌギ

京太郎「唐突の拒否権なしですかこれ」

郁乃「拒否されたら死ぬ覚悟~」

京太郎「さっきの今だから否定出来ねぇ…!」

郁乃「そんなんええから~ほら~食べごろの女やで~」

京太郎「生々しい表現止めてください!」

郁乃「え~…でもそそるんやろ~?」フリフリ

京太郎「その通りだよ畜生!」ガシッ

郁乃「やぁん♪」

カンッ