郁乃「袖にしたんやろ、愛宕さんのおね~ちゃん。さっき聞いたで」

京太郎「どこのお喋りですか。郁乃さんにそんなこと教えたのは」

郁乃「そら本人よ。誰もいない部室で世界の終わりみたいな顔してん、あの子」

京太郎「そうですか」

郁乃「部員のメンタルケアも監督業の一環、まして愛宕さんはうちの主将やん」

京太郎「そうですね」

郁乃「せやから聞いたったのよ。『浮かない顔してんなあ、男の子にでも振られたか~』なんて」

京太郎「…………」

郁乃「ほしたら漫画みたいな大粒の涙ポロポロ流してな、ほんまに傑作やったわ。ふふ」

京太郎「郁乃さん」

郁乃「なあに、京ちゃん」

京太郎「そういうの、もういいですから」

郁乃「…………」

京太郎「…………」

郁乃「何言うてん、あんた」

京太郎「郁乃さんのこと、大切に思ってます」

郁乃「へ?」

京太郎「きっかけこそ人には言えないような話ですけど、それでも」

郁乃「…………」

京太郎「もう他人じゃありませんから。俺たち」

郁乃「はは、はははは」

京太郎「…………」

郁乃「嘘やん。いつもの仕返しとしか思えんわ」

京太郎「郁乃さん」

郁乃「なんや」

京太郎「最初から最後までイヤな奴でいる必要、ないと思います」

郁乃「は」

京太郎「郁乃さんのこと、ちゃんと見てますから。もうそんなことしなくていいんです」

郁乃「…………」

京太郎「好きです。赤阪郁乃さん」


郁乃「…………」

京太郎「…………」

郁乃「な、何告ってんの。アホやろ、あんた」

京太郎「自分でもそう思います」

郁乃「あんたのことレイプしたり、好き放題さんざん苦しめた女やで。私は」

京太郎「そんなもんですよ。男子高校生なんて」

郁乃「せやかてな」

京太郎「郁乃さん。俺のこと、好きですか」

郁乃「…………」

京太郎「…………」

郁乃「そんなん、好きに決まっとるやろ」

京太郎「今までしてきたこと全部、俺の気を引くためだったんですよね」

郁乃「そら、そうやけど」

京太郎「だったらもういいんです。少し不器用なだけの、俺の赤阪郁乃さんです」

郁乃「京ちゃん」

京太郎「子どもみたいで本当にダメな女の人ですけど、今さら放っておけませんから」

郁乃「…………」

京太郎「…………」

郁乃「はあ」



郁乃「後悔したらええよ」



洋榎「せやから部室でイチャつくな言うとるやろが! アホ! アホップル!」

京太郎「いやいや。俺は別にそんなつもりありませんけど、郁乃さんが」

郁乃「ダーリンったら照れちゃって、かわえ~なあ。ここがええのんか。ん?」

京太郎「ちょっと郁乃さん、人前ですよ! そういうのは帰ってから」

郁乃「なんや、いくのん残念。せやったら今晩はお楽しみやな~? ふふ」

京太郎「郁乃さん」

郁乃「ダーリン」

洋榎「千里山に転校しよう」