京太郎「おーい咲! 学食行こうぜ」

咲「もーまたレディースランチ?」

京太郎「おう!」

咲「それもいいけど、あの……」モジモジ

京太郎「あん?」

咲「え、っとね? そのお弁当……作ってみたんだ、だから良かったら///」

京太郎「弁当?」

咲「うん///」コクン

京太郎「うわ! マジか、サンキュー」

咲「食べてくれるの?」

京太郎「当たり前だろ? 咲がせっかく俺のために作ってくれたんだしさ」

京太郎「じゃあ中庭かどっかで……」

咲「その……恥ずかしいから、今日は別に別に食べて。私は和ちゃん達と一緒に食べるから! それじゃ!///」タタタ

京太郎「あ!? ちょ、……行っちまった」ポツーン


ガラッ!

京太郎「可愛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!」ウオー!

京太郎「なぁおい見たか今の! どうだよあの可愛い生き物。俺の彼女なんだぜ!」バンバン

嫁田「チッ……リア充爆発しろ」

京太郎「あ、んん、コホン。僕の彼女を紹介します!」キリッ

嫁田「は? いらねーよ知ってるよ」

京太郎「いいから、聞けよおおおおおお!!」グリグリ

嫁田「わかったよ鬱陶しい! 聞いてやるよ」

京太郎「え? ヤダよ勿体ない」

嫁田「クソ! 付き合う前までさんざんからかいまくったからって意趣返しかこの野郎!?」

京太郎「おいおい、独り身だからって嫉妬かよ」ヤレヤレ

嫁田「死ね!名探偵も頭を抱えるような、全身に紫と緑色の斑点が出来る奇怪な様相で死ね!」


俺もカン!って入れ忘れた