咲「あっ、京ちゃんだ」

京太郎「……」

咲「おーい、京ちゃーん!」

京太郎「んー?なんだ、咲か」

咲「なんだって酷いなあ……何してるの?」

京太郎「見てわかるだろ、本読んでんの」

咲「京ちゃんが、本……?」

京太郎「なんだよ、その理解できないものを見たような目は」

咲「だって京ちゃん、本読むと眠くなるとかよく言ってたのに……」

京太郎「ん、そりゃ、確かにそんな事も言ったけどな……」

咲「何か心境の変化でもあったの?」

京太郎「心境の変化っつうか……」

咲「あれ?」

京太郎「!?」ビクッ

咲「よく見たらこの本……私が読んだのばっかりだ」

京太郎「あ、えっと、それはだな!」

咲「京ちゃん、これどういう事?中には前に私がすすめたのにいいって断ったのもあるけど」

京太郎「う、ぐっ……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「……だよ」

咲「へっ?」

京太郎「お前ともっと、話す話題が欲しかったんだよ!」

咲「ふぇ!?」


京太郎「だ、だってよ……俺達麻雀くらいしか趣味は共通してないし、かといって咲と話す話題なくて気まずくなるのも嫌だしさ……ああ、もう!恥ずかしい事言わせんなよ!」

咲「きょ、京ちゃんが勝手に言ったんじゃん!」

京太郎「むぐう……」

咲「……」モジモジ

京太郎「……」

咲「ね、ねぇ、京ちゃん」

京太郎「なんだ……?」

咲「わ、私はね、別にいいんだよ?」

京太郎「いいって……」

咲「京ちゃんがその、話す話題なくても」

京太郎「いや、さすがにそれは……」

咲「そ、そういう時は!」ギュッ

京太郎「さ、咲!?」

咲「こ、こうやって抱き締めて、甘やかせてくれるだけで私、幸せだから……」

京太郎「そ、そうなのか……」

咲「う、うん。こうしてるだけで身体がポカポカして、すごく幸せ……」

京太郎「じゃ、じゃあさ」

咲「な、なに……んっ……!?」

京太郎「……」チュッ、チュッ……

咲「あ、ふっ……あうっ……」

京太郎「こうしたら、どうなるんだ?」

咲「え、えっと……」

京太郎「幸せ、か?」

咲「幸せ、だけど……でも」

京太郎「でも?」

咲「幸せ過ぎて、おかしくなっちゃうよぉ……」

京太郎「咲……だったら、もっとおかしくしていいか?」

咲「京ちゃん……うん、いいよ……」

優希「~~~~!?!?!!」ジタバタジタバタ!!

和「落ち着いて、落ち着いてくださいゆーき!そこの2人も部室でイチャイチャしないでください……!」

カン