咲「どうですか。京ちゃん、毎日元気に過ごしてますか」

恭子「ハハ、そればっかりはあの人に直接聞かんと分からんな」

咲「そんな、夫婦なのに」

恭子「取り繕ったりする人でしょう、周りに心配かけへんように」

咲「やっぱり今でもそうなんですか、京ちゃん」

恭子「学生時分よりずっとな。昔は昔でカッコ付けやったけど」

咲「あはは」

恭子「ただ、少しは学習したようで『本当にしんどいときは頼ります』なんて」

咲「京ちゃんがそう言ったんですか? まさか」

恭子「そこは姐さん女房ですから。ふふ」

咲「ごちそうさまです。なんかジェラシー感じちゃうなあ」

恭子「宮永はどうなん。浮いた話の一つや二つ」

咲「ありませんよ、そんなの。宮永咲は今も昔も京ちゃん一筋です」

恭子「堂々と私の前で言ってのけるあたり、あんたらしいというか。なんというか」

咲「悪い女ですから、私」

恭子「そら気を付けな。せやったら今晩あたりあの人に打診しておきましょうか」

咲「打診?」


恭子「子どもや子ども。それなりに経つからな、私らがいっしょになってから」

咲「なんというか、恭子さんって私に対して容赦がないですよね」

恭子「何言うてん、うちの旦那の十年来のお友だちや。仲良うしてるつもりやで」

咲「お友だち、ですか」

恭子「にっこり」

咲「敵わないなあ、やっぱり」

恭子「百年早いわ。私ら二人が須賀のお墓に埋まってからでも出直したらええよ」

咲「麻雀なら一ひねりなんですけどね」

恭子「あんまりうるさいと小鍛治プロみたいに行き遅れますよ、宮永世界チャンプ」

咲「いいもん。京ちゃんの愛人さんになるから」

恭子「別にええけどスッカラカンやで? すてきな奥さんが毎晩ご奉仕してるからな」

咲「…………」

恭子「うん?」

咲「元気なんですね、京ちゃん」

恭子「ハハ、そればっかりはあの人に直接聞かんと分からんな」