212 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:22:13 ID:86J3nraV

帰り道
京「いや~今日のクッキーも美味かったなぁ」

咲「ありがと でもクッキーなんて誰だって作れるよ(レシピ見ながらだしね)」

京「いやいやホントに美味かったって お前お菓子作りの才能あるって」

咲「…何か裏がある」ジト~

京「明日はチョコレートなんかがいいです」

咲「そんな事だろうと思った…チョコは作るのちょっと面倒なんだよね」ハァ

京「チョコを!俺にチョコを!ギブミーチョコレートォォ!」

咲「じゃ…じゃあさ…京ちゃんも作るの手伝ってよ//」

京「え~」

咲「い…いいじゃん! 京ちゃんいつもたくさん食べるんだしさ ちょっとは働いてもらわないと」

京「はいはい じゃいったん帰ってからお前んち行くから」

咲「う…うん//」


宮永家
京「お邪魔しま~す」

咲「はいどうぞ」

京「!…エプロン姿…いい…」

咲「え?//」

京「い いや 時間ないし早速作ろうぜ」

咲「う うん//(ばっちり聞こえてるよ…//)」

213 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:27:40 ID:86J3nraV
キッチン
京「これが湯煎ってやつか」

咲「溶けてきたね 混ぜるからボウル押えてて」

京「ほいさ」

咲「(ち…近い//)こ…こうやってるとさ 小さいころに戻ったみたいだね//」

京「小さいころ?」

咲「ほら こうやっておままごととかしてたじゃん」

京「ん~そうだっけ?」

咲「む…覚えてないの?」

京「ずいぶん昔のことだからなぁ」

咲「ふーんそうですか」ムスッ

京「昔より今 今より未来 これからたくさん思い出を作ればいいのです!」

咲「…そ…そうかもね//」

咲(京ちゃん天然なのか何なのか時々恥ずかしいセリフがポンと飛び出るんだよね…
嬉しいんだけどなんかちょっと不安だな…)



214 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:33:01 ID:86J3nraV
京「おい咲?もういいんじゃないか?」

咲「え?あ そうだね あとはこれを型に流し込んで…」

京「ちょい待ち こいつを入れてみないか?」

咲「これ…お酒?」

京「親父の洋酒を拝借してきたんだ リキュール入りチョコにしようぜ」

咲「ん~いいけどあんまり入れすぎないでよ」

京「ちょっとだけさ」ドボドボ

咲「ああっそんなに…チョコ固まんなくなっちゃうよ」

京「こんなもんか」

咲「大丈夫かなぁ…」



咲「何とかできたね」

京「味見しようか?」

咲「結構です 明日のお楽しみ」

京「ま いいか じゃそろそろ帰るわ」

咲「うん 今日はありがと」

京「おう また明日な」

215 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:38:29 ID:86J3nraV
放課後
京「チョーコチョコチョコチョコレートォ~♪」
バン
京「こんにちはーってうお!?この臭いは…!」

咲「あー京ちゃんやっと来た!」

京「咲!なんだよこの臭い…!それになんかみんな様子が変だし…」

咲「あのね~チョコレート食べたらね~みんな酔っ払っちゃったみたいでね~」

京「うっ酒臭…お前も酔っ払ってんじゃないか!」

咲「京ちゃんがお酒入れたんじゃん!」

京「いや…そりゃそうだけど…(怒り上戸かよ…)」

咲「それなのに私のせいにしてさ…あのとき入れすぎだよって注意してあげたのにさ…」グスグス

京「(今度は泣き上戸…)わかったからちょっとおとなしくしてろ な?」

咲「う~」

216 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:44:45 ID:86J3nraV
京(部長たちもか…?あの二人はアルコール強そうだが…)

京「あの~」

久「まこ~!!」

まこ「なんじゃいわりゃ~」

久「なんでもっと早く来てくれなかったのよ~」グスグス

まこ「よっしゃよっしゃ」

久「一年間ずっと寂しかったんだから~」グスグス

まこ「今度はいつ漁に出るんなら?」

久「誘っても誘ってもみんなやめてくのよ~?」グスグス

まこ「そうじゃの~クーラーが安ぅなる時期がええわのう」

久「まこ~!!」

京(なんだか二人して別次元にいる…)

217 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:49:58 ID:86J3nraV
京(この分じゃ優希と和は…)

和「ああ…宮永さん…宮永さん…」スリスリ
ガッ!
和「何をするんですか優希!」

優希「ふははは!咲ちゃんは頂いたじぇ!」

和「宮永さんを返してください~」

エトペン(優希)「ごめんなさい原村さん…」

和「!そんな…」

優希「悪いなのどちゃん そういうことだじょ」

エトペン(優希)「優希ちゃん大好き…」

和「そんな…そんな…どうすればいいんですか!?」

優希「汝、咲ちゃんを愛す前にまず片岡優希を愛せ」

和「わかりました愛します! いえ愛してますから!」ギュッ!

優希「ギャハ!両手にタコスだじぇ!!」

京(完全にトリップしてるな…)

218 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 20:55:44 ID:86J3nraV
京「(咲が今のとこ一番症状が軽いな…)咲 大丈夫か?」

咲「京ちゃぁぁん!!」ガバッ!!

京「うおっ!?」

咲「おかえり京ちゃん!ごはんにする!?ごはんにする!?ごはんにする!?」

京「ちょっ離れろっ落ち着けって!」

咲「ごはんにしちゃうの!?」

京「なんなんだよ昨日の続きか!?」

咲「ごはんにするね!!」タタッ!

京(…!チョコが減ってる…!また食べちゃったのか…)

219 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 21:00:58 ID:86J3nraV
バッ
咲「あっ!京ちゃんごはんとらないでよ!ごはんにできないじゃん!」

京「いやいやこれチョコだから」

咲「なんでそんなことするの…?京ちゃん私のこと嫌いなの…?」

京「は?いや違うってこれは…」

咲「じゃあ好きなの!?」

京「いやだから…」

咲「はっきりしてよ!私ずっと待ってるのに!」

京「!………」

咲「ずっと…ずっと待ってるのに…」ヘナヘナ

京「………」

咲「…どうして言ってくれないの…」

京「…咲 お前ホントに酔ってるか?」

咲「………」

京「酔ってないんだな…」

咲「………」

京「こんな状況で言うのもアレだしさ…いつかきっと言うから」

咲「………」

京「咲?」

咲「………」zzz

京(寝ちゃったか…)

220 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 21:06:09 ID:86J3nraV
咲「ぅう~ん…」

京「お目覚めか?」

咲「京ちゃん…  つ!…頭痛い…」

京「お前が一番多く食べたからな チョコ」

咲「(…そうだった…)…みんなは?」

京「みんなまだ寝てる 思い思いの場所でな まるで戦場だよ」

咲「もぉ…京ちゃんのせいだよ…」

京「…なぁ咲さっきの…いま言ってもいいか?」

221 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 21:12:06 ID:86J3nraV
咲「さっきのって…?」

京「だからその…ごはんのあとのことだよ…」

咲「?なんのこと…?」

京「…まさか何も覚えてないのか?」

咲「う~んそうみたい…みんなとチョコ食べてるとこで記憶が途切れてるもん…」

京「…んな…」

咲「私なにか変なこと言ってた…?」

京「い いや特に何もっ…!」

咲「そう…京ちゃんがベッドまで運んでくれたの…?」

京「ん?ああ」

咲「変なとこ触ってないよね?」

京「あっあほか」

咲「ちょっと動揺してない?」

京「どっどこも触ってないって」

咲「ふふ 冗談だよ チョコの仕返し 京ちゃんそんな度胸ないもんね」

京「悪かったって…」

咲「いいよ許してあげる もうちょっと眠ってもいいかな?」

京「ああ」

咲「手…握っててくれる…?//」

京「(まだ酔ってる…?)…ああ ほら」ギュッ

咲「…おやすみ」

京「おやすみ」

咲(いつか…いつかきっと言ってね…京ちゃん)

おわり

名前:
コメント: