和「うーん……どうしましょうか」

京太郎「どうした和」

和「あっ、須賀君……」

京太郎「エトペン見ながら唸ってどうしたんだよ?」

和「いえ、少し気になる事がありまして」

京太郎「気になる事?」

和「はい、須賀君も知ってると思いますが私はエトペンを抱かないとうまく眠れないんです」

京太郎「そういえば合宿の時そんな事言ってたな」

和「それでですね……私が大好きなエトペンと須賀君、どちらを抱いた方がよく眠れるのか考えていたところなんです」

京太郎「へー……」

京太郎「……」

京太郎「!?」

和「うーん……やはり試してみないとわからないですよね」

京太郎「あのー……」

和「はい?」

京太郎「試すとはもしかして……」

和「もちろん実際に須賀君を抱いて眠って、みるんで、す……」

京太郎「の、和?」

和「……!?!!?」ボンッ!

京太郎(あっ、これ好奇心が先に立って何したらいいのか理解してなかったパターンだ)


和「わ、私、なんてことを……しかも本人の目の前で、あんな、あんな……」

京太郎「の、和落ち着け!ほら、ヒッ、ヒッ、フー……」

和「そ、それは違う時の呼吸法です!」

京太郎「そ、そうだった……」

和「……」

京太郎「そ、それで?」

和「えっ」

京太郎「試さない、のか?」

和「そ、それは……」

京太郎「お、俺は構わないぜ?」

和「……よ、よろしくお願いします」

――

京太郎「ど、どうだ和」

和「だ、だめですね……エトペンに比べたら眠りにくくて仕方ありません」

京太郎「そ、そうか……」

和「こ、こんなの、心臓がドキドキして眠れるわけないじゃないですか……」

京太郎「うっ……」

京太郎(す、すごい眼潤んでる……顔も赤いし、こんなの反則だろ……!)

京太郎「和!」ギュウッ


和「す、須賀君!?」

京太郎「和、和……!」

和(あっ……須賀君の心臓、こんなに跳ねて……だけど、この鼓動を聞くとすごく落ち着きます……)

和「須賀、君……」

京太郎「和……?」

和「もっと、強く抱きしめてください……そして聞かせてください……須賀君の鼓動を……」ニコッ

京太郎「……!」

和「須賀君……」トロン

京太郎「あ、ああ!ま、ま、まか、まかせとけ!」

和「ありがとう、ございます……須賀君」

京太郎「な、なんだ?」

和「好き、です……」

京太郎「」

和「ふふっ、普段は言えないけど……これが私の気持ちです、から……」

京太郎「和!お、俺も……あれ?」

和「すう、すう……」

京太郎「ね、寝ちまった……」

和「んう、須賀君……」

京太郎「……起きたら嫌って言うまで好きだって言ってやるからな」

和「……はい♪」

カン!