優希「よっ、ほっ、はっ……ジャンプだけで階段登るのはなかなかキツいじぇ」

京太郎「おい優希、そんな変な登り方して転けても知らねえぞ」

優希「その時は京太郎が受け止めてくれるだろ?」

京太郎「お前なあ……」

優希「えっ、受け止めてくれないのかー?」

京太郎「……前にだけは転ぶなよ、さすがにそれはフォロー出来ない」

優希「えへー……了解だじぇ!」

京太郎「……ったく」

京太郎(こいつを好きになる事だけは絶対ないと思ってたんだけどな……はあ、世の中ってわからんもんだ)

優希「京太郎はー、私にゾッコンだじぇー♪」

京太郎「なんだよその歌は……」

優希「京太郎の気持ちを歌にしてみたんだじょ」

京太郎「……優希」

優希「んー?」

京太郎「じゃあお前の気持ちを歌にしたらどうなるんだよ」

優希「私の気持ち?」

京太郎「そうだよ、つうか俺お前から好きとかほとんど聞いた事ないぞ」

優希「んー……じゃあ京太郎、ちょっと耳を貸すんだじぇ」

京太郎「お、おう……」

優希「えっと、だな……」

京太郎「……」

優希「わ、私、京太郎の事、大好き……だじぇ」


京太郎「……」

優希「あ、あはは!な、なんだか恥ずかしいな……」

京太郎「優希、お前ってさ」

優希「な、なんだ?」

京太郎「すっげえ可愛いのな」

優希「なっ!?そ、それどういう意味だ!」

京太郎「別に。そのままの意味で受け取ってくれ」

優希「そのままって、その、私が……」

京太郎「……」

優希「……うあああああ!!」タッタッタ!

京太郎「お、おい!そんな急に駆け上がると危ないぞ!」

優希「……あっ!?」ズルッ

京太郎「優希!」

優希「わぷっ!きょ、京太郎……」

京太郎「だから危ないって言っただろうが!ケガないか?」

優希「だ、大丈夫だじぇ……京太郎が受け止めてくれたから」

京太郎「そっか、ならよかったわ。立てるか?」

優希「う、う……」

京太郎「優希?」

優希「え、えっと……やっぱりちょっと足が痛いじぇ」


京太郎「マジか。じゃあ保健室行くか?」

優希「そ、そこまでじゃないじぇ!ただ……」ギュッ

京太郎「んっ?」

優希「お、お姫様抱っこ……してほしい」

京太郎「……」

優希「うー……」

京太郎「この甘えん坊」

優希「い、いいだろう!こんな事京太郎にしか言わないんだから……」

京太郎「よいしょっと……」

優希「わっ!?」

京太郎「それじゃあ運ばせていただきますよお姫様」

優希「……よ、よきにはからえ!」

京太郎「なんだそれ」スタスタ

優希「……」

優希(京太郎、あったかいじぇ……)

優希「んふふ……」スリスリ

京太郎(胸元に顔擦りよせんの恥ずかしいんだが……)

優希「京太郎ぅ……♪」スリスリ

京太郎(……まあ、いいか)

カン!