灼「今日ハルちゃんがね…」

灼「ハルちゃんが」

灼「ハルちゃんで」

灼「ハルちゃんだったの」

京太郎「…灼さん?」

灼「それでハルちゃん…何?」

京太郎「何で俺に赤土さんの話ばっかするんですか?」

灼「『ハルちゃんを愛でる会』の同志としては当然だと思…」

京太郎「そんな会潰れてしまえ」

灼「京太郎死すべし」ドゴッ

京太郎「なにゆえっ!?」

灼「会員として言ってはならないことを言った…」ゴゴゴ

京太郎「そんな物入った覚えないです…」プルプル

灼「じゃあ何でハルちゃんの話題を振ったの?」ゴゴゴ

京太郎「赤土さんの話をしてるときの灼さん可愛かったから…」

灼「」

京太郎「灼さん…?」

灼「」

京太郎「ど、どうかしました?」

灼「なんでもな…!」ゲシッ

京太郎「ゲボァ」ドサッ

灼「さ、先に戻ってる!」タタタタ

京太郎「ちょ…置いてかない…で…」パタッ

穏乃「あ、灼さ」

灼(顔熱い顔熱い顔熱い顔熱い)スタスタスタスタスタスタ

穏乃「…ん?何かあったのかな?」ハテ

シズノォォォ… キョウタロー!?ダイジョーブ!?キョウタロー!!

カンッ