京太郎「ふむふむ……」

咲「京ちゃん、何読んでるの?」

京太郎「なんか部室の本棚に雑誌が突っ込まれてたからさ。古いけどなかなか面白いなこれ」

咲「あれ、そんなのあったっけ……どんな内容なの?」

京太郎「聞きたいか?」

咲「なんか含みがあるね……そう言われたら気にならないものも気になっちゃうよ」

京太郎「そうか……聞いてしまうのか」

咲「へ、変に引っ張らないでよ」

京太郎「咲」

咲「な、なにかな?」

京太郎「その、だな」

咲「う、うん」

京太郎「えーっと……」

咲「……」

京太郎「あ、愛してる」

咲「知ってる」

京太郎「……」

咲「……」

京太郎「……おい」

咲「ふっふーん、引っかかったね京ちゃん!実はその雑誌、私も既に読んでたんだよーだ!」

京太郎「ま、まさか!この【好きな人にはちゃんと愛してるって言いましょう】ってページに折り目入れたのお前か!?」

咲「それどころかそもそもそれ持ってきたの私だよ!」

京太郎「んなあっ!?」

咲「えへへ、京ちゃんに愛してるって言ってもらっちゃったよー」

京太郎「こ、この野郎……」


咲「あー、京ちゃん顔真っ赤だよ」

京太郎「お、お前だって!顔真っ赤じゃねえか……」

咲「へっ?あっ……」

京太郎「……」

咲「あ、うっ……」

京太郎「な、なあ咲」

咲「な、なあに京ちゃん」

京太郎「本当、いや……」ギュッ

咲「ひゃう!?」

京太郎「あ、愛してるからな」

咲「……わ、私も」ギュッ

京太郎「うっ」

咲「私も愛してるよ京ちゃん……」

「……」

京太郎「あ、あはは……な、なんか暑いなー」

咲「そ、そうだねー」

久「本当に暑苦しいわねー」

和「もう秋なのにそんなオカルトありえません」

京太郎「のわあああっ!?」

咲「きゃあ!?」

久「いやいやー、あんまりイチャイチャされると困っちゃうわねー」ニヤニヤ

和「出来れば自重してほしいんですが……」

京太郎「は、いや、いつから、ちょっ!」

咲「あわわわわ!」

和「2人共落ち着いてください……」

優希「きょ、京太郎……幸せそうで、よかっ、ゴフッ!?」

まこ「優希!?」

優希「そ、染谷先輩……私の墓前には京太郎のタコスを……」ガクッ

まこ「優希ぃぃ!」

カン!