モンブチメイド、エロ注意

智紀「主様…もう逃さない…」ジリジリ

京太郎「うるせえ…こんなとこで発情駄目イドに捕まってたまるか…!」ジリジリ

智紀「どうせなら発情雌犬と蔑んでほしかった…」ジリジリ

京太郎「この変態め…そこだ!」ダッ

智紀「しまっ…!」「つっかまーえた」「おわっ!?」

純「スマンねーご主人。旨いメシのためだ」ギュー

京太郎「ちょっまとわりつくな!それぐらいなら俺が作ってやるから!」バタバタ

純「どうせちっとムラムラしてたし発散したいから却下ー」スリスリ

京太郎「こんなんばっかだな俺!」

純「ご主人は頭固いんだよなー。今はここも硬くなってっけど…♪」サワサワ

京太郎「だからセクハラ止めろや!」

智紀「ナイス純。待っててください主様のご子息様…今解放してあげますから…♪」カチャカチャ

京太郎「ちょっ!お前らお嫁にいけなくなるぞ!良いのかよ!?」

智紀「主様以外もういらない」キッパリ

純「ご主人以外なら自決してもいいね」サラリ

京太郎「くっ…この場じゃ仇になる忠誠心め…!」


純「つーかさー」ギュッ

京太郎「おまっ」

純「散々これでオレを調教しといてよく言えんね?」シコシコ

京太郎「あれっは…!お前が襲って来たんだろーが…!」

純「最初はそうだけど…最後のほうダウンしてたオレに容赦なく出したの誰だっけ?」

京太郎「うぐっ」

純「しかもその時の濃さといったら…孕んでないのが不思議なくらいだったし」

京太郎「あれはつい…」

純「いーよ何も言わなくて。ただもちっとだけで良いから…この関係を肯定してほしいんだよ」

智紀「その通り…私達は好きで主様に身を捧げているんだから…主様はもっと楽しんでいい…んっ」チュッ

京太郎「二人とも…」

智紀「だから…私達の身体、最初からゆっくり味わって…」

ーーーーー

一「皆ーご飯できたよって…」ガチャ

智紀「はぁっ…♪はっ…♪」ピクピク

純「か…はっ♪も…れきな…ぁっ♪」ビクン

一「」

ヒタ…

一「ひっ…」クルッ

京太郎「…」ガシッ

一「やっ…!」

ひやぁ゛ぁ゛ぁ゛っん゛あ゛あ゛あ゛っ゛♪

もっもぉっ…やめでぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛…♪


カンッ