一「ねぇ御主人様、何かすることないの?」

京太郎「…へ?ごしゅ…?」

一「仕事でもいいから何かない?やることなくて暇なんだけど。あ、ヤるのもありかな。どう?」

京太郎「…その服装はなんだとかどうして家にいるのかとか下品な発言は置いとくとしてまず一つ」

京太郎「…何で御主人様!?」

一「え?キミのことが気に入ったから」

京太郎「ノリが軽い!」

一「えー、全然軽くないよ。前の職場からきっちり退職してきたし」

京太郎「…意外と重いし…何で俺なんですか…?」

一「んー…何でって言われると色々あるけど…一番はボクのことを認めてくれたからかな」

京太郎「認めたって…俺はただ一さんのズルを否定しなかっただけで…」

一「その『だけ』を今までキミ以外では言ってくれなかったんだよ?」

京太郎「…や、でもだからって」

一「ま、それもこじつけみたいなもんだし…やっぱり直感かな。平たく言えば一目惚れ。キミにボクの全てを捧げたいって思ったんだ」


京太郎「えっと、その…それは…嬉しいです…」ポリポリ

一「だからキミが望むならこの純潔だって捧げるよ?なんなら今すぐ」スッ

京太郎「おいすぐ下に走るの止めろや」

一「何か急に恥ずかしくなって…」

京太郎「下の方が恥ずかしくないかな?普通さぁ」

一「それに早く所有されたいし」

京太郎「アレアレ?確定事項になってる?」

一「だってもう行くところないしここ追い出されたらもう風俗しか…」

京太郎「わかりましたお願いですからここにいてください」ドゲザー

一「やった♪言質いただきました♪」

京太郎「ひょ?」

一「実はもう旦那様と奥様には許可もらってるんだよね。ほら」ピラッ

京太郎「へ?」『気張れよ!( ´∀`)bグッ!』「てめぇ親父ィィ!!」ビリビリ

一「というわけで御主人様、これからよろしくね♪」ギュー

京太郎「あの、近いです、色々、あれです」アワアワ

一「襲いたくなられたなら襲って下さいませ?私はいつでもお待ちしておりますから…」カチャカチャ

京太郎「待つ気無いよこの人ォォ!誰か助けて!お嫁にいけなくなっちゃう!」

純「んだようっせーなご主人。夜なんだから静かにしてくれよ」スタスタ

京太郎「あ、スマン…じゃなくて!何で増えてるの!?」

一「わ…これが御主人様の…はむっ♪」

京太郎「イヤアアアアアアアアア!!!!」

カンッ