照「京ちゃんさん、咲やお父さんはいつ頃帰ってくるの」

京太郎「お父さんは分かりませんけど、咲は八時には帰りますよ」

照「八時」

京太郎「どうかしましたか、お姉さん」

照「なんでもない。京ちゃんさんはお客さまだから気にしなくてもいい」

京太郎「…………」

照「…………」

京太郎「そのガム、おうちに帰って来たときからずっと噛んでますよね」

照「ガムが大好きなの。子ども時分の夢は町で一等立派なガム屋さん」

京太郎「しますか。キシリトールの味」

照「私くらいになると噛み始めたときの味わいをいつでも思い出せる。問題ない」

京太郎「…………」

照「…………」

京太郎「もしかして、お腹空いてたりしますか。なんて」

照「…………」

京太郎「冷蔵庫の物であり合わせになっちゃいますけど、それでもよかったら」

照「お願いします」

京太郎「早いな!?」

照「ぺっ」

京太郎「ガムが!」



咲「ただいま」

京太郎「おかえり。今夕飯温めるからちょっと待っててくれ」

咲「お姉ちゃん帰ってきてるんだっけ。留守にしてたのに玄関が靴でいっぱいだったよ」

照「久しぶり、マイリトルシスター。もぐもぐ」

咲「あ、お菓子食べてる! お姉ちゃんばっかりずるい!」

照「これは京太郎に買ってもらったの。二人で手を繋いでお買い物もしたよ」

咲「ちょっと京ちゃん! どういうことなの!」

京太郎「だってこの人作った側から全部食べるし。咲といっしょですぐ迷子になるし」

照「恥ずかしがらなくてもいいのに、京太郎は照れ屋さん。うい奴」

京太郎「ちょっと照さん、当たってないけど当たってますから」

咲「いつの間にか名前で呼び合ってるし! とんだ裏切りものだよ!」

照「そういうわけだから咲の京ちゃんはもういないの。彼は私のお婿さん」

咲「ぐぬぬぬぬ! 黒い表紙のノートがあったら!」

京太郎「闘争心剥き出しなところ悪いけど、どこにもないからな。そんな事実」

照「えっ」

咲「それ見たことか! それ見たことか!」

京太郎「こんなに嬉しそうな咲を見たのは初めてだよ。長い付き合いなのに」

照「おかしい、こんなことは許されない。私との蜜月は遊びだったの」

京太郎「そういうところ、ホント姉妹でそっくりですよね。人聞きが悪いんでやめてください」

咲「サイテーだよ京ちゃん! 女心をもてあそんで」

京太郎「お前はどっちの味方なんだよ!」

咲「うさうさ」



宮永父「…………」



宮永父(出て行きづらい)