咲「どうしたの京ちゃん。見つめられたら照れちゃうよ」

京太郎「いや、咲も大概だめな人だなって思っただけだよ」

咲「何それ。失礼しちゃうな、全く」

京太郎「よく言うよ。昼過ぎなのに寝巻きでゴロゴロしやがって」

咲「自分ちなんだからいいじゃん。京ちゃんお客さんのくせに偉そう」

京太郎「お父さんに言われてるんだよ。咲の面倒を見てやってくれってな」

咲「ほうほう、父親公認のお付き合いですな」

京太郎「変な言い方すんな。お前がうさちゃんで、俺は飼育係」

咲「ええ?」

京太郎「ピッタリじゃないか、ストレスに弱そうなところとか」

咲「私うさちゃんじゃないよ。耳だってこんなに短いぴょん」

京太郎「うさちゃん、夕飯はオムライスでいいか」

咲「うさうさ」

京太郎「そしたらちょっと買い物に行ってくるよ。タマネギがなかったから」

咲「あ、私も行く」

京太郎「寝巻きのままでか?」

咲「違うもん、今から着替えるつもりだったもん。ガミガミ京ちゃん」

京太郎「はいはい」

咲「ん」

京太郎「なんで脱ぎたてを手渡すの。というかここで着替えるなよ」

咲「入れてきて。洗濯機」

京太郎「お前、それはすごいよ」

咲「えっへん」

京太郎「褒めてないし、これには飼育係のお兄さんもビックリだよ」

咲「うさうさ」

京太郎「生暖かい」

咲「えっちな京ちゃんのために十五分のインターバルを設けます」

京太郎「いらないよ! さっさとお着替えしなさい!」

咲「あはは」

京太郎「パンツもちゃんと穿きなさい!」



京太郎「咲ほどパーカーにジーンズが似合う子はいないぜ。断言できるよ」

咲「よく分かんないけど、絶対に褒めてないよね。それ」

京太郎「何言ってんだお前。そんだけイモいんだもん、もちろんディスってるよ」

咲「ばか! 京ちゃんばか! カン!」

京太郎「痛い! お前、恥ずかしいから店の中で暴れんなよ」

咲「知らない! もう京ちゃんとは手だって繋いであげないんだから!」

京太郎「ええ? 俺はそれでもいいけど」

咲「…………」

京太郎「…………」

咲「ゆ、許します。特別に」

京太郎「ほら、ちゃんと繋いでなさい。すぐ迷子になるんだから、お前は」

咲「えへへ」

和「え」

京太郎「え?」

咲「和ちゃん」

和「てててて、手を繋いでお買い物! 恋人同士! 新婚カップル! 安産祈願!」

京太郎「全部違うよ! 咲も『バレちゃったなら仕方ない』みたいな顔すんな!」

咲「うさうさ」

和「えっと、つまりお付き合いしているわけではないと。そういうことですか」

京太郎「もちろんそうだよ。頼むから変な誤解よしてくれ」

咲「和ちゃん、私ゆうべ彼と寝たの」

和「えっ」

京太郎「寝付くまで添い寝してやっただけだよ! いたずらに修羅場っぽくすんな!」

和「それはそれでかなり仲良しさんな気がしますけど、どうでしょう」

京太郎「ほらこうやって勘違いされる。全部咲のせいだぞ」

咲「何それ! なんでも人のせいにするのは男らしくないよ! 京ちゃんのくせに」

和「…………」



和(恋人繋ぎで言い争われても困るというか、正直さっさと帰りたいんですけど)