靖子「すぅ…ふー…」

京太郎「まーた吸ってんのかよお前は」

靖子「ん…?なんだ京太郎か…」

京太郎「なんだとはなんだよ…そんなんばっかし吸ってるとすぐ体悪くしちまうぞ?」

靖子「いーんだよ別に…」フイッ

京太郎「良くねーよ。加えてカツ丼の食いまくりで不健康にさらに一歩近付いてるしさ。そんなんじゃ…」

靖子「いちいちうるせーな…アンタは私のなんなんだっての」

京太郎「お前の将来の旦那」

靖子「なっ!?」

京太郎「なんだよ、嫌か?俺じゃ不満か?」

靖子「…何で私なんだよ」

京太郎「好きだから」

靖子「あんたの嫌いなヘビースモーカーでもか?」

京太郎「一目惚れだったからな。ガキ作るときだけ止めてくれりゃ問題ねぇよ」

靖子「…気が早いよ。ガキとか…」

京太郎「一回止めたらお前は長続きするだろうしな」


靖子「ははっ、何それ?」

京太郎「知らね。…ちとよこせ」パシッ

靖子「あっ」

京太郎「すぅー…ふー…そこまでマズかねえがやっぱつづかねぇなぁ…」

靖子「一回吸ったことあんの?」

京太郎「惚れた女のやってたことだからな。たまには形から入ったって良いだろ?」ニヤッ

靖子「ったく、アンタは馬鹿だねぇ…」ククク

京太郎「そうだよ、筋金入りの大馬鹿野郎さ…日も暮れてきたし、そろそろ行くぞ?」

靖子「ああ、待ちな。これやるよ」ヒュッ

京太郎「っと」パシッ「…キセル?」

靖子「私は遊女じゃないけど意味はわかんだろ?そういうことさ」

京太郎「…ああ、なるほど。お前も大馬鹿だったってことかよ。そりゃいいな」

靖子「だろ?分かったらとっとと行くよ。時間は待っちゃくれないんだからさ」

京太郎「へいへい。お姫様は人使いが荒いこって…」

カンッ