咲のラストはきっとこうなるよ


照「『須賀京太郎』……咲が最も特別に思う、心の拠り所でしょう」

照「違う?」

咲「それが……なに?」

照「よく考えて。なぜ、あれ程までに都合のいい存在が咲の側に在り続けたのか」

照「咲を再び麻雀の世界に導き、なんの見返りも求めずずっと身を挺してあなたを支え助けてくれた?」

照「そんな奇跡的幸運が本当に偶然だと思うの?」

咲「お、姉ちゃん……なにを、言ってるの……?」

照「『須賀京太郎』。あれは私が設定したキャラクターだよ。それを私が用意した人間に演じさせた」

咲「嘘……」

照「嘘じゃないよ。『須賀京太郎』は存在しない」

照「『いかなる時も宮永咲の側にあり支えサポートする』そう行動するよう命じて送り込んだ人間に演じさせた……ただの虚像なんだよ」

咲「嘘、嘘……」

照「……すべて幻だよ。咲」

咲「お願い……やめて……」

照「彼との信頼も、思い出も」

咲「やめ、てぇ……」

照「すべて私が作り与えてあげた、ただの幻」

咲「やめてッ!!」