久「その牌、ロンね。よーし、じゃあ今日はここまでよ」

京太郎「あ…あぁ……」ブスブス……

まこ「いつもラスで終っとるのぉ……」

優希「あーすっきりしたじぇ!」

和「お疲れ様です。卓、片付けておきますね」

優希「犬がやってくれるじぇ、ラスになった罰なのだー!」

和「そういうわけにはいきません」

優希「のどちゃんは優しいじぇ、犬、感謝するんだな!」

京太郎「なんでお前が威張ってるんだよ。和、あり……っ!」ユビフサギ

和「言わないでくださいね。いつも須賀君がやってくれていることを私がやっているだけですから」

久「っ……大胆ね」

和「ええ、恋人ですから」

京太郎「えっ「嘘だじぇ!」

久「それ……本当?」

和「ご、ごめんなさい! 冗談だったんです!」アセアセ

まこ「なんじゃ、ひやっとしたわい……珍しいのぉ、和がそういうことを言うのは」

和「え、ええ、いつも部長が意地悪してくるので、その意趣返しにと……」

久「にしてはちょっと手馴れてた気もするけど……さ、無駄話はここまでにして帰りましょう」

                          • 帰り道

まこ「しかし、和が冗談を言うなんてな、部に馴染んできたということかのぉ」

久「ええ……」

まこ「大会も終わったからのぉ、ちょっとふざけたくなった、そんなところかの」

久「そうね」

まこ「なんじゃ、おぬし、全然何か考え事かの」

久「えっ、そうね、まこ……本当に冗談だったのかしら?」

まこ「たしかにのぅ、人差し指でこう、口に触れて黙らせる。和は男を苦手にしておったのにな」

久「そうね、咲が見ていたらどうなってたのかしら……」

まこ「修羅場かの……」


そのころの咲は!

咲「からだがだるいよーゴホッゴホッ」

風邪で休みっ!


                      • さらに帰り道その2

京太郎「なあ、和。なんであんなことを」

和「須賀君には感謝しています。咲さんを連れてきてくれたのも、雑用をこなしてくれたおかげで、私たちは優勝を手にすることができました」

京太郎「…………」

和「須賀君がいなかったら咲と会うことも、優勝することもできなかったでしょう」

和「もう、夏は終ったんです」

和「わたし、あんなことが人前でできてしまうほど、須賀の事しか見えなくなっちゃいました」ニコッ

京太郎「ごめん、和。俺は……咲のことが」

和「やっぱり咲のことが好きだったんですね……」

京太郎「……」

和「分かりました、咲より好きになってくれるよう頑張らないといけませんね」

京太郎「和」

和「逃げないんですね、須賀君……」

チュッ

京太郎「あ……」

和「明日から覚悟しておいてくださいね、私はっ! 京太郎君の事が 好きですっ!」


カンッ