咲「…………こちら、コードネーム、リンシャン。聞こえる、タコスちゃん?」

優希「こちら、コードネーム、タコスちゃん。咲ちゃん、どうした?」

咲「タコスちゃん…………それじゃあ、コードネーム決めた意味ないよ……」

優希「そうだった……ごめん、咲ちゃん。これからは気をつけるじょ」

咲「…………」

優希「…………ごめん、リンシャンちゃん」

咲「……コホン! え、えっと、そう! ターゲットが京ちゃんに接近中! 総員、警戒態勢に移行!」

優希「了解だじぇ! …………では、リンシャンちゃん。手筈通りにやるじょ」

咲「リンシャン、了解! 始めようか……私たちの――」

「「――戦いを!」」

京太郎「……」

咲「……」

優希「……」

京太郎「…………いや、お前ら歩きながら何言ってんの?」


京太郎「って、あれはおもち! …………じゃなかった、あれは和!」

和「須賀君とゆーきに咲さん? どうし…………」

優希「……フォーメーションAだじぇ!」サッ

咲「……了解!」サッ

 京太郎の前に咲と優希が移動。

咲「……」ピョンピョンピョン

優希「……」ピョンピョンピョン

 京太郎の前で咲と優希が飛び跳ね中。

和「……」

京太郎「……」

和「…………えっと……ゆーきと咲さんは一体、何を?」

京太郎「いや、全く、何をやってるんだか…………」

優希「こちら、タコス。どうやら、対象はまだのどちゃんを視界に捉えている模様……」ピョンピョンピョン

咲「それは不味いよね……何か対策をしないと…………」ピョンピョンピョン

和「……」

京太郎「……」


優希「……ピロリンっと閃いたじょ! 私の身体で京太郎の顔を隠せばいいんだ!」ピョンピョンピョン

咲「むっ! それはいい案だね! こちら、リンシャン了解! 私、実行に移るから」ピョンピョンピョン

優希「……その了解は認められないじぇ。私が実行に移るじょ!」ピョンピョンピョン

優希「……………………そもそも、咲ちゃんだと重すぎるじょ(ボソ」ピョンピョンピョン

咲「………………優希ちゃん、何かが顔に張り付いたら京ちゃんが可愛そうだよ(ボソ」ピョンピョンピョン

優希「……」

咲「……」

優希「…………どうやら、咲ちゃんとはココで決着をつける必要があるかと」ゴゴゴゴゴ

咲「…………奇遇だね、優希ちゃん。私も今、そう思ったよ」ゴゴゴゴゴ


「そもそも、優希ちゃんは――」

「咲ちゃんこそ――」


京太郎「……」

和「……」

京太郎「…………あー、あれだ。先に部室に行かね?」

和「……そうですね。その方がいい気がしてきました」


「私は別にそんな――」

「だったら、私だって――」

カン