穏乃「なんで……なんで、さっき、京太郎とキスしてたの?」

憧「……」

穏乃「憧、私のこと応援してくれるって言ったよね? ……あれ、嘘だったの?」

憧「……」

穏乃「何か言ってよ、憧…………黙ってたら、私、わからないよ……」

憧「……」

穏乃「何か言えよ、憧っ!」

憧「……っ」

憧「……しずが……しずが悪いのよ……」


憧「好きな人が出来たって…………」

憧「よりにもよって、あたしに相談するんだもの…………あたしに相談するから……」

穏乃「……なんで? ……なんで、相談したら駄目なの?」

穏乃「私、こんなこと……憧じゃないと…………」

穏乃「一番の親友の憧だから……憧だから相談しようって思えて……私……私……」

憧「…………一番の親友だったら、恋もしずに譲らないといけないの?」

穏乃「…………え?」

憧「あたしも……あたしもね! 京太郎のことが好きだったの!! 大好きなの!!」

憧「なのに、しずが一番の親友だからって!! 手伝って? 応援して?」

憧「そんなの、あたし……あたしは…………」


――カットなのです!!


玄「穏乃ちゃんも憧ちゃんも少し棒読みすぎだよ……もう少し気持ちを込めて欲しいかも……」

灼「棒読み過ぎ……」

宥「棒読みだよねぇ……」

憧「はぁ~……あのね、あたし達が棒読みなのは台本が悪いのよ。だ・い・ほ・ん・が!」

穏乃「そうだよねぇ、何か現実味がないというか……」

憧「そうよ、何、このシナリオ? リアリティに欠けるわね」

玄「おねーちゃん作の親友同士による修羅場な恋愛! 『恋する三角形』なのです!」

宥「う~ん、自信作なんだけど……」

灼「私は出来は悪くないと思うけど……」

玄「私も悪くないと思うのです!」


憧「そう思うのは現実を知らないからよ。普通、親友同士でこんなドロドロ展開ありえないから」

穏乃「うんうん、ありえないよね」むふー

宥「そうなの?」

灼「そうみたい……」

玄「う~ん、そうなのですか………………うん? 憧ちゃん達は現実を知っているのですか?」

憧「ふきゅ!?」

穏乃「!?」

憧「ししししし、知らないわよ!! あ、あたしはそんなの! ぜ、ぜ、全然、知らないから!!」

穏乃「///」ぷしゅ~

玄「でも、さっき、現実を知らないからって…………」

憧「そ、そ、それは…………そ、そうよ! あたしの友達がそんな恋愛してたってだけよ!」

穏乃「そ、そう! 友達の話ですよ! 友達!」

憧「そ、そうよ! あたし達の友達の話!! り、理解したわよね、玄?」

玄「ふぇ? でも……」

憧「り・か・い・し・た・わ・よ・ね?」

玄「は、は、はい!! ま、松実玄、憧ちゃんの話を理解できました!!」


憧「ま、全く、どう理解したらそう思うのか……」

穏乃「うんうん」コクコク

 部室の扉が開く。

京太郎「…………お? もしかして、もう文化祭の練習終わった?」

穏乃「あ、京太郎だ!」ピョコン

 穏乃が京太郎に駆け寄り抱きつく。

穏乃「えへへ~」ぎゅ~

憧「ちょっと、しず! 今日はあたしの日!」ガタッ

玄宥灼「…………あたしの日?」

憧「へ? あ! あうぅ……///」

玄「憧ちゃん、あたしの日って…………」

憧「玄!!」

玄「ほへ?」

憧「……今日はもう、練習終わりよね?」ゴゴゴゴゴ

玄「は、は、はい!! きょきょ今日は練習終了なのであります!! です!!」

憧「そう、ならいいわ……行くわよ、しず! 京太郎!」

京太郎「ん? 別にそんなに急ぐ必要も……」

憧「いいから、行くわよ!」

京太郎「ちょ、ちょっと!? ちょっと待てって!?」

穏乃「えへへ~」ぎゅ~

 三人が退室し、扉が閉まる。

宥「……も、もしかして?」

灼「身近の出来事みたい……」

玄「じ、事実は小説よりも奇なり……なのです……」

カン