健夜「こんにちは。久しぶりだね、京太郎くん」

京太郎「どうして」

健夜「どうしてって、恋人の顔が見たくなったからに決まってるじゃない」

京太郎「冗談止してください。言いましたよね、もう二度と会いたくないって」

健夜「だめだよ、照れ隠しでもそんなこと言ったら。お姉さん悲しくなっちゃう」

京太郎「…………」

健夜「どうしたの、京太郎くん。おかしな顔でハンサムが台無しだよ」

京太郎「あんた、本気で言ってるんですか。それ」

健夜「本気も何も、私たちは恋人同士だもん。エッチだってしたじゃない」

京太郎「あれは小鍛治さんが無理やり押し倒したんでしょうが!」

健夜「無理やりって、しっかり私に使えたよね? 京太郎くんのおちんちん」

京太郎「…………」

健夜「手足を縛っただけだし、私とするのがいやならあんな風に硬くならないでしょ」

京太郎「それは、生理現象で」

健夜「たくさん中に出してくれたよね。危ない日だったんだよ、私」

京太郎「まさか」

健夜「ううん、赤ちゃんはまだ出来てないよ。ちょっと残念だけどね」

京太郎「…………」

健夜「ほっとした顔。いやだな、そういうの」

京太郎「なんとでも言えよ、性犯罪者の変態女」

健夜「…………」

京太郎「な、なんだよ」


健夜「写真のこと。忘れてないよね」

京太郎「…………」

健夜「ねえ、もう少し優しくしてほしいな。私たち、恋人同士なんだから」

京太郎「そうやって俺を脅すのか。この間みたいに」

健夜「もちろんそうだよ、脅迫してるの。破滅するときは二人いっしょだけどね」

京太郎「は?」

健夜「全部終わらせてもいいよ。君が私を捨てるなら」

京太郎「…………」

健夜「君がいないと生きていけない性犯罪者の変態女だからさ、私は」

京太郎「…………」

健夜「京太郎くん?」

京太郎「どうかしてるよ、あんた」

健夜「えへへ」



京太郎「あとは俺に任せて休んでてください。お腹の子に毒です」

健夜「ごめんね、色々迷惑かけちゃって」

京太郎「そんなこと気にしなくていいんですよ。夫婦なんだから」

健夜「…………」

京太郎「健夜さん?」


健夜「京太郎くんさ、パパになってから優しくなったよね」

京太郎「…………」

健夜「いわゆるひとつの愛の力って奴かな? ふふ」

京太郎「そうやって調子に乗らないの」

健夜「否定はしないんだ」

京太郎「愛してますよ。健夜さんのこと」

健夜「…………」

京太郎「すぐ茶化すくせに、実は結構照れ屋さんですよね」

健夜「う、うるさいなあ。お嫁さんにイジワルしちゃいけないんだぞ」

京太郎「こういうところで昔のツケを返しておかないとね」

健夜「それは結婚式の日に忘れてくれるって言ったもん! 京太郎くんのばか」

京太郎「あはは」

健夜「もう」

京太郎「…………」

健夜「…………」

京太郎「馴れ初めはあんなでしたけど、今は結構幸せですよ」

健夜「京太郎くん」

京太郎「何より、こんなに危ない人を他の誰かに任せられません」

健夜「そっか。京太郎くん専用なんだ、私」

京太郎「浮気なんかしたら、今度こそ週刊誌のお世話になりますから」

健夜「するわけないよ、そんなこと。分かってるくせに」

京太郎「そうでした。へへ」

健夜「…………」

京太郎「…………」

健夜「君がいて、この子がいて、それ以上は何も望まないから」

京太郎「うん」

健夜「私が死ぬまでいっしょにいてね」

京太郎「…………」



京太郎「うん」