晴絵「みんなー!さっさと集まりなー!」

「「「「「はーい」」」」」

晴絵(そういえばアイツは長野にいるんだっけ…)

晴絵「ま、そう簡単に会える訳ないか…やめやめって」

ハギヨシ「京太郎さんは飲み込みが早いですね」

京太郎「いえいえ、ハギヨシさんの教え方がいいからですよ。ったく、タコスの奴…俺が作ったのが食いたいなんてな…」

晴絵「」

ハギヨシ「生徒に愛されるなんて素晴らしいことではないですか」

京太郎「それはそうなんですけど」「ア、アンタ」「え?」

晴絵「こ、こんなとこで一体…」

京太郎「えっ?うそ…晴絵?えっ…?なんで?えっ?」

晴絵「こっちのセリフよばかぁ!」ギュー

京太郎「ぐぇぇ!強いっちょっとで良いから力抜いて!」

晴絵「そんなのできないよ馬鹿!久しぶりなんだから大目に見ろぉ!」ギュー

京太郎「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

憧「…何あれ?」

灼「分からないけど私の宿敵の出現だと思…」コォォ