カピ「キュー!」

マホ「キュー!です!」

京太郎「何してんだマホ……カピバラの着ぐるみパジャマなんて着て」

マホ「須賀先輩はカピバラさんが好きだと宮永先輩に聞きまして……」

京太郎「咲のやつ、何吹き込んでんだ……」

マホ「それでどうですか?」

京太郎「いや、どうって言われてもだな……」

マホ「に、似合わないですか……?」

京太郎「……」

マホ「ううっ……またマホは失敗してしまったんですか……」

京太郎「かわいい」

マホ「っ!?す、須賀先輩?今なんて……」

京太郎「うん、だからかわいいと思うぞ。副会長辺りなら鼻血吹いて死ぬレベルだな」

マホ「か、かわ……」カアア

京太郎「おいおい、これくらい言われなれてるだろ?麻雀部の間じゃマホはかわいいってよく言われてるんだぜ?」

マホ「そ、そんな事言われた事ないですよぉ……」

京太郎「マジか」

京太郎(全くどいつもこいつも……そういうのはきちんと本人に言ってやればいいのに)ナデナデ

マホ「はうっ……」

京太郎「んっ、どうした?」

マホ「え、えっとですね……頭がその」


京太郎「ああ、撫でられるの嫌だったか。悪い悪い」

マホ「い、いえそんな事は!むしろすごく安心するといいますか……もっと撫でてほしいといいますか……」

京太郎「そうか?嫌じゃなかったならよかったけど」ナデナデ

マホ「あうっ……カ、カピバラさんもこうして撫でてあげたりしてるんですか?」

京太郎「まあな、時々抱きしめたりもするし。毛が固いから結構チクチクするけど慣れれば全然気にならないしな」

マホ「抱きしめ……!?」

京太郎「マホ?」

マホ「……す、須賀先輩!」

京太郎「んー?」

マホ「マ、マホは今カピバラさんなんです!」

京太郎「ふむ、それで?」

マホ「だからその、えっと、あの……」

京太郎「……」

マホ「ううー……」

京太郎「マホ」ギュッ

マホ「ひうっ!?」

京太郎「これでいいですか、お姫様?」

マホ「あ、あわあわあわわわわ……」

京太郎「お、おいマホ?なんか顔がリンゴみたいにすごい真っ赤になってるぞ?」

マホ「きゅう……」

京太郎「マ、マホ!?おいしっかりしろ!マホ!」

カピ「キュー……」ヤレヤレ

カン!