京太郎「穏乃……いいか?」

穏乃「うん、いいよ……きて」

穏乃「その……初めてだから、優しくしてね」

京太郎(穏乃と付き合い始めて半年、デートを重ねること十数回)

京太郎(そして初キスから一か月……以外と恥ずかしがり屋なせいで時間はかかったけど、遂に穏乃と……)

京太郎「もちろんだ、俺だって初めてだから加減できるかはわからないけどな……いくぞ」グッ

穏乃「ん、んんっ……あっあれっ、あんまり痛くない」

穏乃「そういうもんなのかなって、えっ!?」

穏乃「ち、血が出てない!なんで!?」

京太郎「穏乃」

穏乃「き、京太郎、違う、違うの!」ジワッ

京太郎「穏乃」

穏乃「わ、私、本当に初めてで、グスッ、京太郎にあげたいと思ってて」ポロポロ

京太郎「穏乃、落ち着け」

穏乃「し、信じて……信じて京太郎!私、私……!」

京太郎「穏乃!」ギュ

穏乃「あっ……」

京太郎「大丈夫、大丈夫だ……分かってるから」ナデナデ

穏乃「えっ……?」

京太郎「聞いたことがあるんだ」

京太郎「陸上選手とか体操選手みたいに下半身に負担がかかる人は、運動中に破れちゃうことが多いって」

京太郎「穏乃も昔から山ん中駆け回ってたろ?だからもしかしてとは思ってたんだ」

京太郎「それにさ、穏乃をそんなことで疑うわけないだろ?」

京太郎「俺は、心底穏乃に惚れてんだからさ」チュッ

穏乃「うん……!うん……!ありがとう京太郎……ありがとう……!」ポロポロ

京太郎「それで……雰囲気壊すようで悪いんだけど……動いていいか?」

京太郎「結構我慢できないんだけど」

穏乃「うーん……ダーメ!」

穏乃「京太郎の優しさを感じたいから……もうちょっとだけ、ぎゅってしてて!」ニコッ

このあと二人は幸せな一夜を過ごしましたとさ カンッ!