煌「あれは一体どういうことですか、京太郎」

京太郎「俺が聞きたいくらいですよ。他にアテはなかったんですか」

煌「だって、部長と姫子ですよ。京太郎以外に心当たりなんてありません」

京太郎「じゃあ俺が二人を険悪ムードにしたって言うんですか、煌先輩は」

煌「疑ってるわけじゃないですよ。でも最近は何をするにも三人いっしょだからね」

京太郎「それを言われると弱いですけど、本当に何も知りませんよ。俺」

煌「なんにせよ他に解決できる人もいませんし、お願いです。京太郎」

京太郎「乗り込めってことですか、あの修羅場に」

煌「見なさい、京太郎」



美子「…………」



煌「安河内先輩がいつにも増して曇っています。これはいけません」

京太郎「それは本当にいけませんけど、でも」

煌「もちろんそれだけではありませんよ、京太郎」

京太郎「え?」

煌「共学になって早々部内の人間関係がギクシャクしたら、周囲はどう思いますか」

京太郎「サ、サークルクラッシャー」

煌「そうです、誰もが京太郎を白い目で見ることでしょう。可哀想に」

京太郎「はあ」

煌「京太郎」

京太郎「分かりましたよ。煌先輩がそこまで言うならなんとかしてみます」

煌「それでこそ男の子です。ご武運、安全なところから祈ってますよ」

京太郎「もしものことがあったら絶対に化けて出ますから」



京太郎「先輩」

姫子「ああ、きょうたろ。どがんしたと?」

哩「姫子に話しかけたわけやなか。そうやろ、京太郎」

姫子「は? ぶちょーの方こそ自意識過剰やなかつね、みたんなか」

哩「なんばとんこづきよっかい、くらすっぞ」

姫子「えすか! きょうたろ、ぶちょーがこなす!」

哩「きしょくんわるか。京太郎、こがんこすてん構うことなかよ」

京太郎「すいません、用事を思い出したんで帰りますね」

「「そいはダメ!」」

京太郎「喧嘩してんのにどうしてそこだけ息ピッタリなの!?」

哩「京太郎にも関係あっとばい。用事はえーといて私らに付き合え」

姫子「付き合え!」

京太郎「俺にも関係があることって、なんですか一体」

姫子「セックスばい」

京太郎「帰ります」

哩「リザベーション・セブン!」

京太郎「ごく一般的な荒縄だよ! どこから出したんですかこれ!?」

姫子「きょうたろの結び目、いつもの亀甲縛りでよかですか? ぶちょー」

哩「よか」

京太郎「部室に正義はないのか!」



美子「…………」

煌「わくわく」



京太郎「これ誰も助けてくれないやつだ」

哩「誤解ば恐れずあえてカミングアウトすっぞ。私らは同性愛者ばい」

京太郎(知ってた)

哩「ばってんただのレズビアンやなか。京太郎のこともしーとっ」

姫子「いわゆるバイセクシャルばい。えへへ」

京太郎「素直に嬉しいですけど、どうしてそれが原因で喧嘩になるんですか」

哩「そいはやーもすーもなか話よ、どちらが京太郎の童貞ばもらうかで揉めた」

京太郎「どどどど、童貞ちゃうわ!」

姫子「もう、見栄張らんでよか。きょうたろの初めて、おねーさんがもらったげるけんね?」

京太郎(あ、ダメだわこれ)

姫子「ふふ、口にした側からスラックスにテントば作っとー。きょうたろのえっち」

哩「京太郎、そがん姫子のこと」

姫子「きょうたろのおちんちんは私ん中に入りたか言ってますけんね。えへへ」

哩「悔しかよ、こいはちかっとぐらいきたばい」

姫子「やけんきょうたろ、ここで今すぐ私としてみゅー?」

京太郎「え、モラルは?」

姫子「犬の餌ばい!」



美子「…………」



美子「退部しよう」