キャプテンが誕生日と聞いて


あなたにお願いがあるんです

その人は俺にそう言った

せっかくの誕生日なんだ、少々の頼みは聞こう

なんでも抱き枕になってほしいそうだ

いわく普段部員たちから姉のように慕われているらしくたまには妹みたいに甘えたいそうだ

そういえば自分も姉のように慕っている一人だ

姉のたまのお願いを叶えるのも弟としてやぶさかではないだろう

その人は少し申し訳なさそうに俺に抱きついてきた

普段は頑張っているけどたまにはこんな風に甘えてもいいかな

もちろん2つ返事で了解した

このお願いを断るやつは男じゃない

こうして俺はたまに先輩の抱き枕になるようになった

カンッ